映像制作会社社員に向いている人・適性

映像制作会社社員に向いている性格・適性

映像作品に興味がある人

映像制作の仕事に携わる以上は、映像作品に興味や関心があるということが大前提です。

この業界を目指す人の多くは、映像が大好きな人ばかりです。

子どもの頃からテレビをたくさん見て育った人、映画鑑賞が趣味で学生時代に足繁く映画館に通っていた人。

コマーシャルやミュージックビデオに興味があって憧れの映像クリエイターがいる人。

そういう人ほど映像制作会社で活躍できます。

採用試験でもどのような映像作品が好きか聞かれることがあるので、思い入れのある作品について存分に語るとよいでしょう。

センスがある人

映像業界で活躍するためには、芸術的なセンスが欠かせません。

見る人の視覚に訴えかけることができる美しい映像を直感的に見抜くための判断力や、その映像を引き立てるための音楽をイメージする想像力。

こういうものは一朝一夕で簡単に身に着けられるものではありません。

この業界を目指すのであれば、日頃からさまざまな芸術に触れて自分の感性を磨いておくことが大切です。

もともと美術や音楽が得意な人のほうが向いている仕事だといわれています。

情熱がある人

テレビ番組でも映画でもコマーシャルでも同じことですが、映像作品というのは誰かに何かを伝えるために作られるものです。

「楽しい番組でお茶の間に笑顔を届けたい」という目的で作られるテレビのバラエティ番組もあります。

「画期的な新商品でファッションに革命を起こしたい」という目的で作られるアパレルメーカーのコマーシャルもあります。

ミュージックビデオの場合、ミュージシャン自身が曲に込めた思いや願いを映像で表現するために作られていることも多いです。

映像制作に携わる人間は、その映像が誰に何を伝えるために作られるものなのかを正しく理解し、完成まで全力を尽くすことが大切です。

自分の仕事を通して世の中にメッセージを届けたいという情熱のある人にとっては、大きなやりがいの感じられる仕事になるでしょう。

映像制作会社で働くには(大学学部・学歴)

映像制作会社社員に向いていないのはどんな人?

映像制作会社の社員として不向きなのは、映像の仕事にそれほど興味が持てない人です。

この業界で働くためには、映画やテレビ、ミュージックビデオやコマーシャルなどの映像を愛する気持ちが原動力になります。

たとえ仕事がハードなときも乗り越えていけるのは、自分の仕事に対する情熱があるからです。

特にディレクターや映像編集は、高い技術や優れたセンスが求められる職種になります。

他人の映像作品を見て学んだりセンスを磨いたりする地道な努力も必要です。

「人の心に届くような素晴らしい映像を作りたい」という思いがなければ、長く続けていくのは難しいでしょう。

もちろん、入社したときは映像作品に興味がなかったけれど仕事をするうちに夢中になった、というケースもあるでしょう。

しかし基本的には最初からこの仕事への情熱がある人が歓迎されています。