映像制作会社社員の現状と将来性

人手不足に陥る映像制作会社

ひと昔前までは、お茶の間におけるテレビの存在感は非常に大きく、テレビ局の経営は好調でした。

しかし、時代の変化とともにインターネットなどの他のメディアを活用する人が増え、視聴者のテレビ離れが少しずつ加速しています。

厳しい状況に陥ったテレビ局が、経費削減のために映像コンテンツの制作を外部の映像制作会社に委託する流れがあるため、映像制作会社の業務自体は増えているといってもよいでしょう。

こうした事情に加えて、仕事のハードさや不規則さに耐えかねて短期で辞めてしまう人も珍しくないため、慢性的な人手不足に悩まされている企業も多いようです。

映像制作会社への就職をめざす人にとっては、採用されやすい現状があるといえるでしょう。

経費削減の厳しい波

採用されやすい状況の中で安易に就職を決めてしまうと、高いリスクが伴います。

テレビ局の経費削減の影響を受けタイトな制作スケジュールと安い委託費で業務を引き受けていることも多いため、下請けの映像制作会社社員にとっては厳しい待遇で働かざるを得ないことも珍しくありません。

就職の際には、業務内容はもちろんのこと、給料、労働時間、残業の有無、休日の日数についてよく確認しておいたほうがよいでしょう。

業務の幅には無限の可能性

映像制作会社によって引き受けている業務が異なるので、景気の良い業界からの依頼を受けている場合は余裕のある制作スケジュールや潤沢な制作費を確保できていることもあります。

パソコンやスマートフォンの普及、アミューズメントパークやイベントに映像コンテンツが増えていることなどから、映像制作を取り巻く環境は大きく変わっています。

映画やテレビで見る映像だけではなく、インターネットをはじめ、屋外の大型スクリーン、アミューズメント施設のアトラクションほか、新たな媒体向けの映像コンテンツが必要とされているのです。

また、クライアントもマスコミ関連だけではなく、一般企業、教育機関、地方自治体、観光業界、結婚式場、さらに個人など、その裾野はどんどん広がっています。

このような背景から、映像業界の仕事内容はさらに多岐にわたるものと考えられます。

今後はさまざまな業界からのオファー、ニッチな内容を確実に映像化できるクリエイターの需要は、ますます増えていくでしょう。

そのため映像制作の世界は、「自分の可能性を試してみたい」人にとって、やりがいのある職場だといえます。