女性の映像制作会社社員のキャリアパス・結婚後の生活

女性の映像制作会社社員の現状

テレビ局やその関連の映像制作会社では、昔は圧倒的に男性社員の活躍が目立っていました。

アシスタントとして何年もの下積み期間が必要な仕事であること。

納期前にはハードワークになり体力的に厳しい一面があること。

女性の産休や育休などの制度が整っている企業が少ないこと。

こうした理由から、結婚や出産を経て女性が長く続けていくことが難しいと考えられていたのです。

しかし、近年では映像業界で活躍する女性社員が増えてきました。

性別に関係なく活躍できる雰囲気ができつつあるので、女性がチャレンジしやすい状況といえるでしょう。

今後は現場の第一線ではもちろんのこと、管理職として働く女性もますます増えてくることが期待されています。

女性の映像制作会社社員の強み・弱み

感性が強みに

映像制作の業務において、女性の感性は非常に重要です。

なぜなら、映像制作会社が作るテレビ番組やコマーシャルの多くは、女性の視聴者をターゲットとしているからです。

特に化粧品や衣料品、食品などのコマーシャルの場合、生活感のあるストーリーを描けるほうが視聴者の心を掴めることがあります。

多くの女性がどのような映像に心をときめかせ、興味を持つのか。

逆にどのような映像に不快感を抱き、嫌ってしまうのか。

こうしたことを直感的に判断できる人が制作側にいることが、プロジェクトの成功のカギを握ります。

まさに女性の映像制作会社の社員ならではの強みでしょう。

体力面は弱みに

もちろん、こうした強みがある一方で、男性社員に比べると体力的に厳しいという弱みもあります。

職種によっては深夜残業が発生したり休日がなかなか取れないことがあったりするので、体調管理をして仕事に臨むことが大切です。

食事や睡眠が十分にとれないとストレスを感じやすいので、メンタルのケアも忘れてはいけません。

体力があって、不規則な生活リズムにも適応できるタフな女性の方が向いている仕事といえるでしょう。

映像制作会社社員の結婚後の働き方・雇用形態

映像制作会社の社員は、結婚後はどのような働き方をするのでしょうか。

この業界は好きな仕事を選んで就職したという人が多いので、結婚しても今まで通りに第一線で働く女性も多くいます。

その一方で、クリエイティブな業務は生活が不規則になりがちなので、プライベートを優先するために職種を変える人もいます。

また、正社員から契約社員になったりパートになったりして勤務時間を減らす人もいます。

もうひとつ。

この業界である程度の実績を積んでいる人であれば、結婚を機にフリーランスになるという道もあります。

フリーランスは自分の都合に合わせて仕事を請けることができるので、家庭を優先させやすいのです。

自宅でテレワークをすることも可能なので、子育てや介護とも両立させやすいでしょう。

映像制作会社社員は子育てしながら働ける?

映像制作会社で企画や編集を担当するのであれば、納品前には深夜まで残業することが珍しくありません。

自分の中では最高の作品を作り上げたと思っていても、それで完成というわけにはいかないからです。

プロデューサー、クライアント企業の広報担当者などが試写をしたあとに、大幅な変更を余儀なくされることもあります。

このような場合は、納期になんとか間に合わせるために寝食を我慢して作業に没頭することもあります。

なかなか家に帰れないので子育て中はこのような働き方は厳しいというのが現実でしょう。

子どもが幼いうちは一時的に制作の仕事を離れる、あるいは残業のない働き方にする、などの工夫が必要です。

最近では時短勤務のできる企業も増えてきたので、こうした企業を選ぶと子育てと両立しやすくなります。

映像制作会社社員は女性が一生働ける仕事?

映像制作会社は、女性が一生働くことができる仕事です。

映像業界ならではの忙しさはあるものの、自分の好きなことを仕事にできる喜びを感じられます。

結婚や出産、育児や介護などの経験が、映像制作に生かせることがあるので、女性の感性を大事にして働けるのも魅力のひとつです。

こうした理由から女性社員の採用を積極的に行っている企業もあるようです。

入社後はアシスタントをしながら経験を積まなければいけないので、一人前になるのには時間がかかります。

そのぶん、センスやスキルを磨き続ければ、年齢を重ねてからも第一線で働くことが可能です。

ある程度の実績や人脈ができれば、いずれは独立してフリーランスとして活躍する選択肢もあるでしょう。