女性の映像制作会社社員

女性の活躍が目立ち始めた業界

テレビ局やその関連の映像制作会社では、昔は圧倒的に男性社員の活躍が目立っていました。

体力的に厳しい一面があることや下積み期間が必要な仕事であることから、結婚や出産を経て女性が長く続けていくことが難しいと考えられていたのです。

しかし、近年では女性社員が増え、現場の第一線ではもちろんのこと、管理職として働く女性も増えてきています。

ここでは、この仕事に就く女性ならではのやりがいや大変さについて紹介します。

女性ならではの感性を

映像制作の業務において、女性の感性は非常に重要です。

なぜなら、女性の視聴者がターゲットとなるテレビ番組やコマーシャルの制作においては、女性がどのような映像に心をときめかせ、どのような映像に不快感を抱くのかを直感的に判断できる人が制作側にいることがプロジェクトの成功のカギを握るからです。

また、化粧品や衣料品、食品などのコマーシャルの場合、生活感のあるストーリーを描けるほうが視聴者の心を掴めることもあります。

結婚や出産、育児や介護などの経験が生かせることもあるので、女性社員の採用を積極的に行っている企業もあるようです。

女性ならではの大変さとは

もちろん、この職業に就く女性ならではの大変さというのもあります。

映像制作会社で企画や編集を担当するのであれば、納品前には深夜まで作業をすることが珍しくありません。

自分の中では完璧な形で作り上げたと思ったものでも、テレビ局のデスクやプロデューサー、クライアント企業の広報担当者などが試写をして気に入らなければ、大幅な変更を余儀なくされることもあります。

このような場合は、納期になんとか間に合わせるために寝食を忘れて作業に没頭することもあり、コンビニの軽食が何日も続いたり会社のソファで仮眠を取ったりするような生活になることもあります。

体力があって、不規則な生活リズムにも適応できる女性の方が向いている仕事といえるでしょう。