Webデザイナーの仕事内容

Webデザイナーの仕事内容は?

Webデザイナーとは、その名の通りWebサイトをデザインする仕事です。

Webデザイナーは、単にデザイン的に見栄えがいいものをつくればいいわけではありません。サイトの目的やコンセプトに合ったデザインを作成することが必要です。

ユーザーにとって使いやすく、ユーザーが意図したとおりに行動してくれるようなデザインを目指さなければなりません。

Web制作会社においてのWebデザイナーは、自分一人で一から考えて作るわけではなく、チームの中の一人としてデザインを担当します。

一般的には、クライアントと社内のデザイナーの間にWebディレクターが入り、ディレクターがお客さまの要望などを取り入れたサイトの設計書を作成します。

Webディレクターの仕事

そして、Webデザイナーはその設計書に従って制作を進めていきます。

仕事の範囲は?

チームで一つのサイトの設計を行うわけですが、会社の規模によってデザイナーの仕事内容は変わります。

大手の制作会社では、先ほど書いている内容の通りですが、規模の小さな会社では、デザイナーがお客さまと一緒に設計書の作成に携わることもあります。

規模が大きな会社ではデザインに専念できるというメリットがあり、逆に小規模の会社は幅広い仕事をすることができます。

将来独立してみたいなと考えるならば、少人数の会社で経験を積むこともよいかもしれません。

Webデザイナーが担当する仕事

デザイナーには正確な「ここから〜ここまで」という線引きが曖昧なのですが、主に関わる部分をご説明していきます。

しかし今デザイナーに必要とされているのは、これら以外の視野を持った人材であり、より大きな視点でWebサイトを作る「クリエイター」が求められています。

全体ページイメージ

サイトのレイアウトやカラーイメージなどを作り上げていきます。

商品やサービスのイメージにあわせ、時に使う人が便利さを感じるインターフェースのデザインを行います。

HTMLやCSSのコーディング

デザインを基に、ホームページとなるHTLMなどの書きおこしをします。

製作環境によってはデザインを作るソフトからそのままCSSをコーディングしていくためページのデザインと同等に扱われることもあります。

イメージ部分の制作

サイト内で使われる写真のほかロゴ、バナー、背景に至るまでのグラフィックを製作加工します。

時に写真を美しく加工して、HTMLやCSSだけでは表現できない視覚的イメージの高いタイポグラフィーなどの作製が主になります。

動的なオブジェクトの作成

アニメーションや動きのあるアイコンやGUIとよばれるインターフェースを使ったページを作成することもあります。

これらはプログラムにより管理されますが、そのプログラムも同時に作成する場合と、プログラム部分に関しては専門者に任せる場合もあります。

また動画の作成や加工なども昨今は多く用いられることがあり、これをデザイナーが作り上げる場合もあります。

それぞれの専門家が質の高いものを作っていくこともよいのですが、関わる人数が多くなればなるほど連携は難しくなり人件費もかかります。

また、発想もそのジャンルごとの枠を出ないものになってしまいがちです。

多くのスキルを身につけることでデザインの幅は広がりますし、プランナーやプログラマの領域まで把握してこそ良いデザイナーとなります。

仕事体験談