写真が好きな人に向いている仕事の種類(8選)

楽しい思い出や、美しい風景など、大切な「瞬間」を残すことができる写真は、芸術作品として、あるいは情報を伝える手段として、さまざまな場で活用されています。

ここでは、写真が好きな人に向いている仕事の種類を紹介します。

ひとことで「写真が好き」とはいっても、撮ることが好きなのか、それとも加工したり編集したりすることが好きなのかは、人によって違うものです。

また、仕事によっては未経験からスタートできるものもあります。

さまざまな仕事の種類を知って、ご自身の理想のキャリアを考えるのに役立ててください。

写真の撮影に携わる仕事

まずは、写真の撮影、つまりカメラを使って写真を「撮ること」を専門とする仕事を紹介します。

カメラマン」は、カメラの扱い方や撮影技法を習得し、写真を撮る人です。

カメラマンが撮る写真は、雑誌や広告などメディアに掲載されるもののほか、スタジオや結婚式場などでの記念写真、あるいは芸術作品としてのものなど、多種多様です。

そうしたプロのカメラマンのサポート役を務めるのが、「カメラアシスタント」です。

先輩カメラマンのそばで、機材の準備や運搬、セッティング、その他の雑用などをこなしながら、一人前のカメラマンを目指します。

続いて、写真館やフォトスタジオに勤務し、撮影を担当するのが「フォトスタジオスタッフ」です。

スタジオでは、七五三などの家族写真やウエディングフォトなど、お客さまの大切な記念日を撮る機会が多いです。

カメラマン

カメラマン

カメラマンは、カメラの扱い方や撮影技術を身につけて、さまざまな写真を撮影するプロフェッショナルです。

おもな活躍の場は出版社や新聞社、広告代理店などのメディア関連ですが、フォトスタジオや結婚式場などでのニーズも大きいです。

企業には属さず、フリーランスで働く人もいます。

多くのカメラマンは、報道、スポーツ、動物、風景などの専門分野を持ち、自分の強みを生かして働いています。

なかには芸術作品として写真を撮るカメラマンもおり、そのような人は「フォトグラファー」と呼ばれることがあります。

写真の加工や編集に携わる仕事

ここでは、写真の加工・編集に携わる仕事を紹介していきます。

「レタッチャー」とは、画像のレタッチ(補正・修正・加工)を専門とする職業です。

「Photoshop」のような専用のソフトを使って写真の色調を整えたり、画像をシャープにしたりして、より見映えのよい写真に仕上げます。

「写真現像技術者」は、写真の現像や、プリントをする技術者のことです。

フィルム写真の場合、専用の現像液や現像処理機を使い、1枚ずつ丁寧に現像する職人的な作業が要求されます。

Webデザイナー」は、Webサイトの各ページの見た目をデザインしていく人です。

デザインソフトを使って文字や画像を組み合わせることが多いですが、ページの素材となる写真を自分で撮ったり、既存の写真をレタッチしていったりすることもあります。

Webデザイナー

Webデザイナー

Webデザイナーとは、WebサイトのWebサイトのデザインをする職種です。

「Webディレクター」などの指示や助言を受けながら、文字や写真、イラストなどのレイアウトや色合いを決めたり、美しく使いやすいページ構成を検討したりします。

基本的には、用意されている素材を基にデザインしていきますが、自ら素材となる写真を撮ったり、写真のレタッチをしたりすることもあります。

未経験者でも独学でWebデザインを学んだり、まずはアルバイトなどで現場に入り、地道に経験を積んで一人前のデザイナーを目指していくことも可能です。

写真の展示やカメラの販売に携わる仕事

次に紹介するのは、写真の展示や、写真撮影には欠かせないカメラの販売に携わる仕事です。

美術館のなかには、絵画や彫刻ではなく、写真を専門に展示する施設があります。

そのような施設で働く「美術館職員」は、展示物の管理やイベントの企画、あるいは来場したお客さまに展示作品の説明や館内の案内をします。

続いて、「カメラ販売店スタッフ」は、カメラを売る店のスタッフとして、お客さまに商品の提案や接客をする職種です。

仕事で写真を撮る機会はあまり多くありませんが、写真好きな人がたくさん働いています。

今回ご紹介してきたように、写真との関わり方は「撮る」だけではなく、撮った写真を「加工・編集」したり「展示」したりと、さまざま考えられます。

また、写真撮影には欠かせない「カメラ」に関連する仕事や職種もあります。

どのようなかたちで写真と関わりたいのかを考えて、ご自身に合う仕事を探してみてください。

目的別サービス紹介

すべて完全無料ですので、ぜひ会員登録してみてください。

・大学・専門学校の資料請求なら:スタディサプリ進路

・転職エージェントなら:リクルートエージェント

・20代の転職なら:マイナビジョブ20s

・IT業界の転職(未経験からでもOK):マイナビITエージェント