Webデザイナーへの転職、未経験採用

転職する人も比較的多い

Webデザイナーに限らず、Web業界では比較的人材が動きやすいという特徴があります。

Webクリエイターの場合、常にスキルアップをする必要があることから「どんどん新しい仕事に挑戦したい!」「それまでとは違うことがしたい!」と考えている人も多く、転職については前向きに考える風潮があります。

そうしたことから、転職市場における求人もよく見かけることができます。人が足りなければとりあえず募集をかけるという企業も多く、年間を通じて求人数はわりと安定しているといえるでしょう。

企業によって転職者に求めるスキルレベルはだいぶ異なり、雇用形態も正社員のみならず、契約社員、アルバイトなどさまざまです。

なお、「給与は実績やスキルに応じて相談」といったように書かれているケースも珍しくなく、実務経験があったり、即戦力として活躍できるだけのスキルを持っていたリするのであれば、かなり有利な条件で転職することもできます。

未経験からWebデザイナーになるには

未経験からWebデザイナーになることも可能です。

しかし、その場合は最初から第一線でバリバリと案件に携わっていくわけではなく、先輩デザイナーのアシスタント的な業務をしながら、知識やスキルを磨いていくことが一般的です。

未経験者の場合はアルバイトからのスタートということも珍しくありません。

なお、Web業界は若手が多く活躍しており、とくに経験が強みになるデザイナーとしての道を新たに切り開いていこうとするならば、年齢が若ければ若いほどチャンスは掴みやすいといえるかもしれません。

未経験での転職が難しいという場合には、最初からフリーランスになってしまい、独学あるいはスクールに通うなどして自分でスキルを磨きながら、地道に仕事を見つけていく方法も考えられます。

たとえ小さい案件でも、実績ができれば未経験者ではなくなりますし、次はその内容をアピールして転職活動することが可能です。