Webディレクターの給料・年収

Web系の職種の中では給料高め

同じWeb業界でくらべると、Webディレクター給料は比較的高めです。

Webサイトの制作をすべて取りまとめ、ディレクションするといういわばリーダー的ポジションのため、立場的にもデザイナーやコーダーよりは上、したがって給料も高めとなります。

ただし、基本的にはWebデザイナーからWebディレクターになるパターンが多いので、最初はWebデザイナーお給料となります。

そのうえで、経験を積み徐々に給料も上がり、Webディレクターになるというステップをあがります。

そうしたキャリアアップも考慮すると、Webディレクターの給料はだいたい月収20万円代後半くらいから、年収は300万円代後半くらいから、そこからキャリアを積めば積むほど給料は上がるのがほとんどのようです。

Webディレクターは年齢ではなく、Webディレクターのキャリアが何年あるかが給料に響いてくる、完全に実力社会の仕事です。

大変な面も多々ありますが、若くても優秀な作品を残し、認められている人は、それなりの給料をもらえる仕事でもあるのです。

正社員登用はあたりまえ、待遇も厚め

現在Webディレクターは深刻な人材不足となっています。

Web制作会社、デザイン会社、自社でWebを運営する大手企業やメーカーなども、どこもキャリアのあるWebディレクターを求めているため、給料はもちろん、福利厚生などの待遇も厚くなります。

もちろん、採用は正社員登用がほとんどです。

スキルもキャリアもあるWebディレクターならば、さまざまな企業を比較して、より良い条件の会社を選ぶことが可能でしょう。

フリーになれば結婚、出産後も続けられる仕事

Webディレクターは転勤、出張はあまりありません。

地方に行くことがあるとしたら、クライアントとの打ち合わせなど、日帰りとなることがほとんどです。

異動などもほぼなく、落ち着いて働くことが可能です。

変わっていくライフスタイルに合わせた働き方ができることから、女性にも人気が出始めている職業でもあります。

スキルとキャリアさえあれば、結婚後も落ち着いて働くことができ、出産後の復帰も可能、フリーランスとして独立してしまえば自宅で仕事をすることもできます。

現在はまだ男性ディレクターの方が多い職業ではありますが、徐々に女性ディレクターも増えていくことでしょう。