総務への転職、未経験採用

転職の求人募集状況

総務は、業界・業種問わず、あらゆる企業や組織において需要がある職種です。

そのため求人募集は年間を通じて多く出ており、転職は比較的狙いやすい職種だといえるでしょう。

ただし、組織の規模によって、求められるスキルや経験は異なるといわれます。

大企業の場合、基本的には総務部に複数の社員が配置されており、業務が細分化されているため、欠員が出た際に、その業務のスペシャリストとして即戦力になれる人が求められるケースが多くなります。

あるいは外部からは採用せずに、社内の他職種の社員を総務に配置転換するといったこともあります。

一方、規模の小さな企業では、総務担当者が一人であったり、総務が経理や人事を兼任していることも珍しくはありません。

また、創業から間もないベンチャー企業では、経営トップと二人三脚となって経営管理の役割まで担うこともあります。

このような組織では、間接部門の役割や業務全体を把握し、オールマイティに活躍できる人が重宝されやくなっているようです。

未経験から総務になるには

未経験からでも総務を目指していくことは可能です。

しかしながら、「縁の下の力持ち」として働く総務は向き不向きがわりと出やすい仕事であるため、適性は採用の可否を決める大きな判断材料になるようです。

総務は幅広い領域の仕事をこなしますが、そのなかには電球の交換といったような、ある人から見れば雑用と思われるような仕事も含まれます。

そのため、総務の採用活動では、こうしたことも嫌な顔をせずにフットワークこなせる行動力、熱意のほうがずっと重視されることが多いようです。

また、人間関係を構築する力、人間性なども重視されます。

総務の業務の中には専門的な知識が求められるものもありますが、それらは入社後に教育を受けたり勉強をしたりすることで身につけていくことができます。

経験はもちろん強みになりますが、未経験者も含めて総務として活躍したい人を採用しようと考える企業は決して少なくないため、やる気さえあれば誰でも総務になれるチャンスは十分にあるといえるでしょう。