ソーシャルワーカーへの転職、未経験求人は?

ソーシャルワーカーへ転職するには

社会の福祉ニーズが高まっている今、ソーシャルワーカーへの転職を目指す人も増えているようです。

ソーシャルワーカーとして働くために絶対に必要とされる資格はないものの、一般的には「社会福祉士」の国家資格が求められるケースが大半です。

そのため、まずは必要な条件を満たし、社会福祉士の資格を取得することを考えたほうがよいでしょう。

なお、社会福祉士の仕事は多岐に渡ります。老人保健施設、児童相談所、厚生施設などの福祉施設をはじめ、病院などの医療施設において医療ソーシャルワーカーとして働く人もいます。

そのほか、公務員として自治体の福祉事務所や、役所の社会福祉課などに勤務することもできます。

一言でソーシャルワーカーといっても、職場によって業務内容にはだいぶ違いがあるため、できるだけ早い段階で、どのような場所で働きたいのかまで考えておくことが大切です。

社会福祉士の仕事

未経験でも働ける?

先に述べた通り、ソーシャルワーカーにはたいてい社会福祉士の国家資格が求められますが、資格があるからといって必ず就職できるわけではありません。

この仕事は、何よりも実務経験が重視されることが非常に多く、同じ有資格者であれば未経験者よりも経験者が優遇されるケースが圧倒的に多くなっています。

もちろん、大学等を出て新卒で就職する人もいますから、実務経験がなくては絶対に就職できないということではありません。

しかしながら、少しでも福祉の現場を知っておくことに越したことはありません。

たとえば、国家資格の勉強をしながら福祉施設でアルバイトやボランティアをするなどの経験を積んでおくことで、転職の際に有利になることもあるようです。

介護の仕事からのステップアップ

なお、社会福祉士の国家資格は、介護福祉士やケアマネージャーとして働いていた人が、ステップアップのために取得するケースもしばしば見受けられます。

とりわけケアマネージャーが主として行う相談支援業務は、ソーシャルワーカーの業務と近しいところがあります。

ケアマネジャーの仕事

そのため、社会福祉士の国家試験を受験するための条件のひとつである「実務経験」にも、ケアマネージャーとしての経験を含めることが可能です。

まずはケアマネージャーとして介護現場に入り、そこから社会福祉士へとステップアップする道もひとつだといえるでしょう。

仕事体験談