ソーシャルワーカーのつらいこと・大変なこと・苦労

さまざまな人の悩みを改善する裏で、ソーシャルワーカーは多くの苦労を抱えています。もちろんそこにやりがいを感じる人もいるでしょう。しかし、大変な仕事であることはたしかです。

本記事では、ソーシャルワーカーの仕事をこなすなかでつらい・大変と感じることを紹介します。

ソーシャルワーカーのつらいこと・大変なこと

経験がものを言う仕事

ソーシャルワーカーが相手とする人は実にさまざまな問題を抱えています。

面談を通して利用者の抱える困りごとを聞き出し、地域資源を利用しながら問題解決のためのサポートをしていきます。

しかし、なかには利用者の家庭環境や経済的事情などによって、思い通りに進まないケースもあります。

複雑かつ多岐に渡る問題を解決するためには、とにかく経験を積むことが大切です。

さまざまな利用者やケースに一つひとつ向き合うことで対応の仕方を身につけるため、新人のうちは戸惑ってしまうことも多いかもしれません。

常に向上心を持ち仕事に就いてからも勉強を続け、日々専門知識を深めることが重要です。

さまざまな人たちとの連携

ソーシャルワーカーは、1人だけでこなせる仕事ではありません。

医療や福祉それぞれの専門分野の人たちといかに連携・協働できるかが、対象者の抱える問題を解決するカギです。

さまざまな人達とコミュニケーションをとるためには、現状の問題をきちんと理解したうえで、相手に物事をわかりやすく正確に伝える能力が必要です。

また、ソーシャルワーカーはときに利用者のプライベートな問題にまで踏み込むこともあります。

利用者との信頼関係を築き、「この人になら話せる」と安心して相談事を任せてもらえる人間にならなければならないのです。

20代で正社員への就職・転職

20代で正社員への就職を目指す(PR)

「Re就活エージェント」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けサービス。20代未経験OKの求人が多数。

20代登録比率No.1

ソーシャルワーカーの悩み

日本では医療や福祉、介護に関する制度やサービスが徐々に整いつつありますが、これらを利用したからといってどんな問題もすべて解決できるわけではありません。

利用者の状況によってはどれだけ手を尽くしても問題を解決できないケースもあります。

予算や人材にも上限がありますし、条件・環境によって受けられるサービスにも差があり、制度や法律の限界に頭を悩ませることも多くあるようです。

ソーシャルワーカーを辞める理由で多いものは?

ソーシャルワーカーが仕事を辞める理由で多いものは、職場の環境です。

ソーシャルワーカーは「社会福祉士」の資格を持つ人が大半ですが、法的には特別な資格がなくても働ける仕事です。

そのため社会福祉士の有資格者の扱いも職場によってまちまちで、無資格者と同じ給料や待遇のところもあるようです。

ソーシャルワーカーとして採用されたにもかかわらず介護職員と同様の仕事を任されるケースや、人手不足により長時間の残業を強いられるケースもあります。

福祉の仕事は社会的に需要も多く注目の集まる業界ですが、まだまだ労働環境には改善の余地があり、職場の環境や給料・待遇に悩む人は少なくないようです。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

ソーシャルワーカーの苦労のまとめ

ソーシャルワーカーはさまざまな問題を抱えた人を相手にすることが多い仕事です。

複雑かつ多岐に渡る問題を解決するためには、とにかく経験を積むこと、向上心を持って日々専門知識を深めることが重要です。

ソーシャルワーカーは、1人だけでこなせる仕事ではありません。

医療や福祉それぞれの専門分野の人たちといかに連携・協働できるかが、対象者の抱える問題を解決するカギです。

利用者の状況や、制度・法律の限界によってどれだけ手を尽くしても問題を解決できないケースもあります。

また、有資格者であるにもかかわらず無資格者と同等の待遇を受ける、人手不足から長時間労働を強いられるなど労働環境に問題がある職場もあります。