ソーシャルワーカーの仕事内容・役割

ソーシャルワーカーの仕事とは

ソーシャルワーカーとは、病気やけが、あるいは高齢や障害などを抱える人やその家族に対し、日常生活を送るうえでのさまざまな不安や困りごとに対する支援(ソーシャルワーク)を行う仕事です。

医師看護師といった直接治療に関わる人とは異なる立場から、相談者に対してのアドバイスや指導を行ったりすることで、早期の社会復帰や社会参加等を支援していきます。

ソーシャルワーカーの業務の内容

勤務先によってさまざま

ソーシャルワーカーという名称は、もともと社会福祉事業に携わる人の総称として使われていました。

しかし現在では国家資格である「社会福祉士」や「精神保健福祉士」の資格を持つ人のことをこう呼ぶことが多くなっています。

実際、ソーシャルワーカーという職種名で仕事をしている人はあまり多くなく、勤務先に応じて呼び名が異なるのが一般的で、仕事内容にも大きな違いがあります。

ケースワーカー

公共の施設や福祉事務所で働くソーシャルワーカーです。

基本的には地方公務員で、主に「生活保護」を受給する人たちを支援する仕事です。

さまざまな理由から日常生活が困難な人の相談に乗り、生活保護などの支援を行います。

ケースワーカーの仕事

医療ソーシャルワーカー

病院で働くソーシャルワーカーです。

患者の入院中や退院後の生活、医療費などの経済的な問題、また社会復帰へ向けてなどの相談に乗り支援を行います。

スクールソーシャルワーカー(児童指導員

児童福祉施設で働くソーシャルワーカーです。

いじめや不登校など学校の問題、家庭内暴力や育児放棄などの家庭内の問題、また障害や病気を抱えた児童に関する相談に乗り、支援を行います。

児童指導員の仕事

生活相談員

主に介護福祉施設で働くソーシャルワーカーです。

介護を利用する人やその家族と施設をつなぎ、調整やさまざまな手続きを行います。

施設の規模や種類などに応じて、配置人員が定められており、ケアマネジャーや介護職を兼ねる場合もあります。

生活相談員の仕事

ソーシャルワーカーの役割

ソーシャルワークとは、よりよい社会のために社会の仕組みや制度を変えていこうという取り組みのことです。

ソーシャルワーカーとは、生活に困っている人を助ける仕事で、その人の事情に合わせ「どんな制度やサービスがあるか」「どんな制度やサービスを活用するのか」を考えます。

また既存の制度やサービスでは対処しきれなかった場合には、新しい制度やサービスを作り出す役割もあります。

制度を変えたり作ったりするというと、政治家や自治体の職員をイメージする人も多いですが、こうした現場の人たちが声を上げることで、社会の変化や社会制度の問題点をとらえ、その時代や個人に応じた解決策を作ることができるのです。

ソーシャルワーカーの勤務先の種類

ソーシャルワーカーの就職先は、公務員であれば福祉事務所・生活福祉課・公立病院・老人福祉施設・児童福祉施設・障害者福祉施設などがあります。

そのほか民間の病院や福祉サービスと多岐に渡り、最近では、学校などの教育機関に勤める人も増えています。

医療機関に勤めているソーシャルワーカーは「医療ソーシャルワーカー」「メディカルソーシャルワーカー」とも呼ばれ、公立機関に勤めるソーシャルワーカーは「ケースワーカー」とも呼ばれます。

ソーシャルワーカーの勤務先の種類・活躍の場