診療放射線技師の需要・就職・採用募集状況

「チーム医療」の推進で需要増加

高度な「チーム医療」が前提で進められる医療の現場では、診療放射線技師の役割はますます高まっています。

その証拠に、平成16年度頃までは横ばいであった求人数が、ここ数年で右肩上がりに増加しているという報告もあるほどです。

医師や看護師が検査のすべてを担当していた時代は終わり、医療技術が進むにつれ、これからますます医療の専門化や細分化が進んでいくことが予想されます。

診療放射線技師が扱う医療機器も急速に発達しているため、確かな知識とスキルを持った技師を求める声がさらに高まっています。

また、高齢化社会が進展するなか、病院で治療を受ける患者数もこれまで以上の増加が予測されています。

このような背景から、診療放射線技師の需要は今後も高まっていくことでしょう。

就職先の見つけ方

実際の就職活動において、診療放射線技師の採用状況はどうなっているのでしょうか?

就職率ということで考えれば、病院や検査施設においての求人は安定して見られるため、条件を選ばなければ、どこにも行くところがないという状況にはあまり陥らないようです。

ただし、診療放射線技師の場合も他の医療職と同様、給与や待遇面が高水準となりやすい大きな病院や企業に応募が殺到する傾向があるため、新卒で就職活動が厳しかったと感じる学生は多いかもしれません。

もちろん、大きく有名な病院への就職は在学中の成績が求められますし、就職対策もしっかりしなければならないでしょう。

優秀な学生がこぞって集まるなか、何十倍という高い倍率を勝ち抜かなければなりません。

しかし、大手病院や施設にこだわらなければ、そこまで高い倍率になることはあまりなく、大学卒や専門学校卒といった学歴の違いも就職にはあまり影響しないといわれています。

なかには、診療放射線技師免許さえ持っていれば、実務経験がなくても中途の人材を採用する病院もあります。

就職活動では病院の規模や知名度を重視したくなるかもしれませんが、その場で自分らしく働ける条件であるかどうかを重視していけば、募集の数自体は多いため、それほど心配しなくても就職することはさほど難しくないでしょう。