診療放射線技師に向いている人・適性・必要なスキル

診療放射線検査技師に向いている性格・適性

あらゆる方向にアンテナを張る人

診療放射線検査技師は、放射線関連知識や技術はもとより、広く医学や科学に対する知的好奇心が求められます。

診療放射線技師として活躍するには、患者さんの現状をしっかりと把握できる医学知識や画像解析のための電子工学など、あらゆる方面にアンテナを張っておかなければならないからです。

コミュニケーション能力が高い人

放射線は適切に扱えば人間にとって役に立つものである一方、ちょっとした油断で周囲を危険にさらすことにもなりかねません。

そのためには確かな責任感と注意力が重要です。

そのうえで、自分の行う検査の一つひとつが患者さんの健康や命と直結しているのだという医療者としての自覚がなければなりませんし、医師看護師と同じように、診療放射線技師も病院で患者さんと実際にコミュニケーションを取ることが重要です。

なかには、検査というだけで恐怖を感じてやって来る患者さんや、放射線に関して不安感を持つ人も少なくありません。

そうしたときに、ちょっとした心配りで相手の気持ちをほっとさせるような明るさや温かさも必要です。

話し方、社会人としてふさわしいマナーなども学生のころから意識して身につけるようにしておくほか、毎日の仕事の中でも患者さんに対する思いやりを持てる人こそが医療従事者としてふさわしいのです。

診療放射線検査技師になるには? 資格は必要?

診療放射線検査技師に必要なスキル・能力

医療の現場は日々、新しい技術を取り入れているため、変化の連続です。

診療放射線技師が扱う機器も開発や発展が目覚ましく、最新機器が導入されれば新しい技術や知識を柔軟に取り入れていかなくてはなりません。

学生のときだけでなく、就職してからも常に勉強をしていく向上心を持ち、新しい技術や機械にどんどん触れていくチャレンジ精神も求められます。

診療放射線検査技師に向いていないのはどんな人?

機械への苦手意識がある

検査機器をはじめ放射線治療で使われるマシンの多くがコンピューター制御によってコントロールされますので、機械だけでなくコンピューターの扱いにも長けていることが必要です。

ただボタンを押せば機械が自動で動いてくれるようなものもありますが、機器によっては複雑なコントロールが必要な場合もあります。

医療技術が進歩するにつれ、検査方法や治療方法は常にアップデートされていくため、さまざまな機械を扱ったり、それについて学ぶことに苦手意識を持ったりする人は、診療放射線技師には向いていないかもしれません。

物理に苦手意識がある

診療放射線技師にとって、物理学を理解することは重要です。

放射線を扱う上では、放射線の基礎知識を始め、被ばくなどの放射線による影響、放射線の正しい利用方法や管理・防護の仕方などを学ばなくてはなりません。

こうした知識は物理学に基づくものですので、物理に苦手意識がある人は、大学や専門学校で本格的に学ぶ際に苦労するかもしれません。