診療放射線技師になるには? 資格は必要?

診療放射線検査技師になるまでの道のり

診療放射線技師になるには、診療放射線技師国家試験に合格する必要があります。

この試験にパスすると、厚生労働大臣から免許が与えられ、診療放射線技師として働けるようになります。

ただし、国家試験は誰でも受けることができるわけではありません。

試験の受験資格を得るためには、放射線技師の養成課程がある大学や短大、専門学校で3年以上学び、修了する必要があります。

診療放射線検査技師の資格・難易度

高度な放射線医療技術のために

診療放射線技師は医師看護師などと同じように、国家資格がなければ仕事をすることができません。

かつては医師が放射線を扱って来ましたが、医療の現場で放射線を利用した検査が増大してきたことを受けて、医師をサポートするために作られた資格が診療放射線技師です。

正しく使わなければ人体に有害になってしまう放射線を安全に用いるには、放射線だけでなく医学的な知識やスキルを持っていることが大切で、放射線の扱い方だけでなく医療技術者としてもスペシャリストといえます。

診療放射線技師の資格

一般的には診療放射線技師国家試験に合格すれば資格を取ることができ、免許として厚生労働大臣から与えられます。

しかし、誰でもこの国家試験を受けられるわけではなく、基本的には高校卒業後、厚生労働大臣が指定する診療放射線技師の養成学校で3年以上学習し、受験資格を得ることが必要です。

関連するその他の資格

放射線取扱主任者は国家試験の内容が診療放射線技師と重なる部分も多い資格です。

診療放射線技師になるための養成学校に通っている学生が受験することが多くなっています。

この放射線取扱主任者には第1種から第3種まであり、医療の現場に限らず工場や研究施設で放射線を扱う際に選任されることができます。

さらに、最近では、人工呼吸器や血液透析などで使われる高度な医療機器を操作・保守点検するための国家試験である臨床工学技士の資格も併せて取得を目指す学生が増えています。

診療放射線検査技師国家試験の合格率・難易度

診療放射線検査技師になるための学校の種類

大学または専門学校

文部学大臣指定の診療放射線技師養成校は、大学であれば国立(11校)・公立(3校)・私立(20校)があり、短大では認められていません。(2019年2月時点)

参考:厚生労働省

そのほか、全国の都市圏を中心とする専門学校で学ぶこともできます。

大学では4年間、短大では3年間、そして専門学校では全日制が3年間、定時制が4年間かけて国家試験を受験します。

学ぶ内容

診療放射線技師の資格取得を目指す場合、医学分野の基礎科目(解剖学や生理学、病理学など)と理工学分野の基礎科目(電気工学、遠視工学、放射線物理学など)を学んで、診療放射線技師の専門の土台となる知識を蓄えます。

大学では、一般教養としての自然科学や人文科学、外国語などを基礎分野と呼び、医療従事者として必要な知識も学びます。

以前は専門学校が主流でしたが、近年、診療放射線技師の業界でも高学歴化が進んでいて、大学や大学院を経て就職する人も珍しくなくなってきました。

診療放射線技師になるための学校と学費(大学・専門学校)

診療放射線検査技師に向いている人

診療放射線技師は、多くの機器を用いるため、機械やコンピューターに抵抗がない人が向いているといえます。

さらに機器や技術の進歩が著しい領域であるため、新しいことを学ぶことが好きで、勉強熱心なタイプが向いているでしょう。

診療放射線技師に向いている人・適性・必要なスキル

診療放射線検査技師のキャリアプラン・キャリアパス

放射線検査は診療放射線技師にしかできないということもあり、就職先はある程度安定してあるため、それほど心配しなくてもよいでしょう。

診療放射線技師の就職先として多いのは、中・大規模の病院となり、大学卒の方が若干優遇される傾向にあります。

新人のうちは簡単な検査から担当し、経験を積むうちに高度な検査をまかされたり、実際の治療を行ったりするようです。

診療放射線検査技師を目指せる年齢は?

診療放射線技師は、大卒または専門学校卒で就職する人が多い職業です。

年齢を重ねてからも診療放射線技師になることはできますが、どうしても現役生よりは就職先の選択肢が狭まってしまうことは覚悟しておきましょう。

採用する側としても、これからの教育や勤続年数のことを考えると、若い人たちに就職して欲しいと考えています。

1から資格を取得するとなると勉強する期間も捻出しなくてはならないため、診療放射線技師を目指すのであれば出来るだけ早いうちに動いた方がよいでしょう。