鍼灸院の志望動機・面接

東洋医学への興味がきっかけに

鍼灸師を目指している人、鍼灸師の仕事に興味を持っている人であれば、一度は「はり」や「お灸」による治療を受けたことがあるのではないでしょうか。

実際、いま現場で活躍している鍼灸師の多くは、「自分が鍼灸治療を受けて身体の調子が良くなったのを感じたので、鍼灸の世界に興味を持った」という思いを持っているようです。

東洋医学全般にいえることですが、まだ私たち日本人にとっては、現代医学(西洋医学)ほど馴染みのあるものではありません。

しかし、最近では東洋医学の効果も認められており、病院等で現代医学と連携して治療を行ったり、鍼灸師の活躍の場が美容やスポーツの分野まで広がるなど、社会的な認知度は高まっているといえます。

このような背景のもと、街の鍼灸院も開業が進んでいます。

鍼灸について見かけたり、耳にしたりする機会も増え、自然と鍼灸師を志すといった人もいるようです。

面接を受けるうえで大切なこと

いざ鍼灸師を目指すとなれば、まずは養成学校で学び、国家資格を取得する必要があります。そして、その後は鍼灸院を中心に、病院や企業などへの就職を目指すのが一般的な道となるでしょう。

しかし、鍼灸師は近年、国家資格取得者が増えており、競争が厳しくなっているといわれます。

一つの鍼灸院に何人もの志望者が集まることもあり、採用試験においては必ずといっていいほど面接が行われます。

鍼灸師は幅広い患者さんと接することになるため、一番に「人間性」が問われます。

知識や技術は国家資格の取得を通じて最低限のものを身に付けていることを証明できますが、人間性に関しては、面接で相手に伝えていく必要があります。

しかし、難しく考える必要はありません。丁寧な言葉遣いをする、清潔感のある服装や髪型を心がける、明るく元気に話すなど、基本的なことを気を付けることが肝心です。

自分が治療を受けることを想像して、「こんな鍼灸師だったら安心できるな、信頼できそうだな」という姿を実践してみることが大切です。

さらに、鍼灸師は日々スキルアップしていかなくてはならないため、やる気と努力する気持ちを自分の言葉で伝えることも大事です。

なお、鍼灸院は院長の経営方針や考え方が色濃く出ることが多いです。

面接時はただ質問に答えるだけでなく、自分自身でも「本当にこの鍼灸院で働けそうかな」ということを、しっかりと見極めるとよいでしょう。