鍼灸師の就職・求人募集状況

鍼灸師の就職先

鍼灸師として働く際に必要な「はり師」と「きゅう師」の国家資格を取得した後の就職先は、鍼灸院、病院・医院、鍼灸整骨院、福祉施設などが主となります。

なかには、資格を取ってすぐ開業する人もいます。

鍼灸師には「開業権」というものがあり、医者と同じように院を開業することができるからです。

また、院を開業せずとも、出張の届けを保健所に提出すると、出張専門鍼灸師としての活動もできます。

開業には院を構える費用が必要ですが、出張専門なら移動費だけで済むので、比較的実現しやすいといえるでしょう。

各施設への就職状況

鍼灸院は新卒の募集数が少ないのが実状です。

鍼灸院には、徒弟制度が設けられているところもあるようで、見習いからのスタートとなる場合、給料が低く抑えられていたり無給であることもあります。

病院・医院への就職もあまり多くありませんが、たいていの場合、リハビリ室での勤務となります。

鍼灸整骨院へ就職する鍼灸師は、病院よりも多いといわれていますが、そこでは「あん摩マッサージ指圧師」や「柔道整復師」の資格を所持していることが採用条件となることもあります。

あん摩マッサージ指圧師の仕事
柔道整復師の仕事

福祉施設への就職は、老人ホームなどの施設がその対象となります。

スポーツトレーナーとしての就業も

近年、スポーツ選手のケガなどを予防するために鍼灸が取り入れられるようになっています。

そこで、スポーツトレーナーとしての需要が鍼灸師に増えているといわれています。

狭き門ではありますが、スポーツの知識を持っていればスポーツトレーナーとして働くことができる可能性もあります。

スポーツトレーナーの仕事

美容業界で働く人も

また、例はそこまで多いわけではありませんが、最近では美容業界で鍼灸師の資格を持った人が活躍することもあります。

エステサロンや美容クリニックに就職する際に、鍼灸師としての知識やスキルを持っていると、優遇されることがあるようです。

鍼灸師の採用状況

鍼灸師はもともとの募集が少ないため、採用状況についてもそれほどよいとはいえないのが現状です。

学生にうちにできるだけ実力を高めて開業を目指すか、「あん摩マッサージ指圧師」や「柔道整復師」などの資格をあわせて取得し、就職先を探すほうがいいかもしれません。