鍼灸師になるには

鍼灸師になるには

鍼灸師の国家資格を得るための前準備

鍼灸師という資格はなく、はり師、きゅう師の両方の資格を持っている人を鍼灸師と呼びます。

はり師、きゅう師は別々の国家資格のため、それぞれの試験を受けることが必要です。同時に受験する場合、共通する科目については免除の規定があります。

いずれにしても、国家資格を受ける前に受験資格を得なくてはなりません。

その受験資格とは、厚生労働省と文部科学省によって定められた専門学校や大学を卒業することです。その修業年限は3年以上となっています。そこで初めて鍼灸師の試験を受ける資格が得られます。

はり師・きゅう師国家試験の難易度、合格率

鍼灸師専門学校や大学などでの学科内容としては、人体の解剖学を始めとして、生理学や衛生学、公衆衛生学、病理学などの現代医学の知識取得がメインとなっています。

また、専門分野の東洋医学概論、診断学、治療学、治療実習なども学んでいきます。

これらの科目を履修することにより、国家試験にトライすることができるのです。

鍼灸師の就職先

鍼灸治療院は、個人で開業しているところが多いため、鍼灸師を募集しているところはわずかです。そのため、鍼灸師として就職することは簡単ではありません。

あん摩マッサージ指圧師や柔道整復師など、関連資格も取得していれば、就職の幅は広がります。

あん摩マッサージ指圧師の仕事
柔道整復師の仕事

なお、あん摩マッサージ指圧師と鍼灸師(はり師、きゅう師)の受験資格を同時に取れる学校もあります。数が少ないため、人気は高いですが、効率的に受験資格を得ることができます。

鍼灸院以外の就職先としては、病院、診療所、介護施設、在宅医療などの、地域医療における就業が挙げられます。

この地域医療では、地域の保健医療福祉であるプライマリ・ケアとして、もしくは、リハビリテーションやキュアとしての鍼灸が基本となります。

また、介護予防や週末期医療、統合医療、スポーツ分野、美容、リラクゼーション分野、労働衛生分野、小児・児童、学校保健分野においても活躍が可能です。

鍼灸師に必要な資質

鍼灸師になるには、日々学習する意志があるかどうかと、医療に関わる医療人としての資質を兼ね備えているかどうかにかかってきます。

医療人としての資質とは、鍼灸術を施す患者さんを思いやる姿勢や、コミュニケーション能力、自分自身を客観的に振り返る姿勢や習慣などが挙げられます。

鍼灸師は東洋医学だけでなく現代医学の知識も必要

鍼灸師として活躍するには、その鍼灸技術のもとである東洋医学についての知識だけではなく、現代医学の知識も必要です。

鍼灸師は単独で鍼灸技術を行うこともありますが、疾病の種類やその重傷度などによっては、医師と連携して治療をするといった場合もあるからです。

医療に携わる一人として、現代医学も欠かせないのです。

鍼灸師の現状と今後の見通し

鍼灸治療への期待の高まり

近年、病気の予防に有効であるとして、鍼灸への注目が集まってきています。海外でも研究が進んできており、予防医学の一つの手段として積極的に使われるようになってきました。

日本においても、医療費の増大や高齢化社会の進展という状態において、鍼灸への期待が高まってきています。

また、予防医学以外にもアレルギーに対する治療やがんの緩和としての鍼灸治療にも注目が集まっています。

はり師・きゅう師就業者数

はり師・きゅう師の資格を持つ人の数は増え続けています。両方の資格を同時に持つ人がほとんどですが、平成26年時点で、はり師は108,537人、きゅう師は106,642人の人が働いています。
はり師数の推移_26

きゅう師数の推移_26

はり及びきゅうを行う施設所数

はり及びきゅうを行う施設所、あん摩、マッサージ及び指圧、はり並びにきゅうを行う施術所ともに年々増加をしています。

あん摩、マッサージ、指圧のみを行う施設所数は減少しており、はり・きゅうのニーズが高まっていることが伺えます。

はり及びきゅうを行う施術所の推移_26