歯科医師のやりがい

顧客に感謝される

歯というものは皮膚等とは異なり、一度損傷すると再生することはありません。そのため、今ある歯をいかに大切に使うか、適切な治療をして口腔内の不具合を解消するかが大事になります。

また、歯の不具合は例えそれが小さなものであったとしても違和感や不都合を感じる人は多く、食事が食べられない等、深刻な悩みに発展しやすい箇所と言えます。

日々の生活に直結する部分を治す医者として、患者さんのために最善を尽くし、感謝されることは何よりもやりがいを感じる瞬間です。

難しい治療がうまくいく

歯科医師は歯にできた疾患という小さな部位を、繊細な治療によって根治させます。治療によっては非常に難しく、時間や神経を使うことにもなります。

また、中には技術的に個人の歯科医師では対応できないような治療もあります。その中で、難しい治療、手に余ると思っていた治療が見事に完了できた時には、歯科医師としての技術力の向上やレベルアップを感じ、やりがいと共に充足感を得ることになるでしょう。

顧客の健康につながる

歯の噛み合わせはあらゆるものに影響すると言われています。実際、入れ歯や歯並びを調整することで、頭痛や肩こり、内臓疾患などが良くなったという話を聞きます。

歯や口腔内の治療の過程で、当初想定したよりも大きな効果を出したと実感することは、歯科医師にとって非常に喜びを感じる瞬間です。

特に、歯や入れ歯の調整で身体に感じていたさまざまな不調を取り除いた時には、歯の重要性と歯科医師の仕事の大切さを痛感すると聞き及びます。

仕事体験談