歯科医師(歯医者)になるには

歯科医師になるには

ごくわずかの例外を除いて、歯科医師になるには歯科大学、もしくは大学歯学部(共に6年制)を卒業し、歯科医師国家試験に合格したのち1年以上の研修を受けることが必要です。

ただ、近年歯科医師国家試験の難易度は年々上がっており、合格率は低下傾向にあります。
歯科医師国家試験の難易度・合格率

また、歯科大学及び大学歯学部は、公立と私立で卒業までにかかる学費が8倍ほど異なります。そのため近年は国公立に人気が集まり、私立大学歯学部及び私立歯科大学の中には、1.1倍などほぼ無競争となっている学校も存在します。

歯科医師になるには

費用がかかる

一般的に、歯科医師になるためには大学の学費だけでも公立で350万円、私立であれば2,800万円ほど必要になります。初期費用が非常にかかる上、卒業後勤務医としての給料は安く、最初のうちは金銭面で苦労する場合があります。

また、歯科関連の大学は全都道府県にあるわけではないので、学費以外に生活費が必要になる場合もあります。そのため、資金に余裕がある人でないと歯科医師になりにくいというのが現状です。

就職の状況

国家試験合格後は、1年間の臨床研修を行います。

研修が終わった後に、歯科医院などに勤務医として就職します。医師と比較し、歯科医師は開業医の割合が8割程度と非常に高くなっています。逆に言えば、大学病院などの大きな病院での勤務医としての枠は多くはありません。

勤務医として働くほかには、大学などで研究をするというルートもあります。

他の歯科医師に負けない特化した技術が大切

歯科医師が過剰になっている現代では、歯科医師を続けていくためには他の歯科医師よりも優れた技術、特化した技術を持つ必要があります。

たとえば独立開業を考えているのであれば、小児歯科や予防歯科、歯列矯正、審美歯科など、虫歯の治療だけでなく、患者さんに長い期間通ってもらえるトータル的な歯科診療を目指す必要も出てきます。

一般的に優れた技術を持つ歯科医院ほど流行る傾向にあるので、常に技術向上の勉強が必要です。

また、開業医として成功すればかなりの年収となりますが、開業の際にはさまざまな設備を整えなければならないため、多くの資金が必要になります。

歯科医師に求められる能力

手先の器用さ

歯科医師のスキルとして必要なのは手先の器用さです。口の中という狭い範囲でさまざまな器具を使って治療を行うため、器用さや繊細さが必要となってきます。

親しみやすさ

歯科医師としての技術だけでなく、人柄も大切です。近年、歯科医院の数が非常に増えてきており、単に施術がうまいというだけでなく、歯科医院の雰囲気も大切になってきています。

患者さんに対して、親身になって接し、親しみを持たれるような歯科医師が求められています。

また、患者さんへの対応だけでなく、歯科医院では歯科衛生士や歯科助手などとのチームワークが大切であり、コミュニケーション能力が必要です。

歯科医師の今後の見通し

歯科医師の飽和

歯科医師の人数や歯科医院の数が過剰に増えているといわれています。

医師となる医学部の卒業生が7500人程度であるのに対して、歯科医師となる歯学部単独での卒業生は3000人。毎年非常に多くの学生が歯学部を卒業しています。歯科医師がこれ以上増えすぎないようにするために、近年、歯科医師国家試験の難易度が上がってきています。

歯科医院の数はコンビニの1.6倍と言われています。歯科医院は飽和状態にあり、廃業も増えてきている状態です。

新しいサービス

上記のように歯科医院を取り巻く状況は厳しさを見せていますが、歯を美しく見せる審美歯科など、新たなサービスも出てきており、差別化により売上を伸ばしている歯科医院も多数存在します。

女性比率の向上

細かい作業や、親しみやすさが求められる歯科医師は女性に向いている面もあり、近年女性の割合が増えてきています。

歯科診療所数

歯科診療所数は近年は横ばいの傾向です。平成26年の歯科診療所数の数は68,592となっています。
歯科診療所数の推移_26

歯科医師数

歯科医師数も増え続けており、平成26年時点での歯科医師数は103,972人となっています。
歯科医師数の推移_26

性・年齢別の歯科医師数と女性比率

年齢別の歯科医師数は50代が最も多く、次いで40代となっています。女性の比率は若いほど高く、20代の女性比率は43.6%にまでなっています。
性・年齢階級別の歯科医師数_26

仕事体験談