歯科医師の大変なこと、苦労

歯科医師の給料は意外と低い

「歯科医師は儲かる!」といわれていた時代は過ぎ、現代では歯科医師は勉強に投じたお金の割には戻ってくるお金(稼げるお金)が少ないと言われるようになってきました。

実際、歯科医師の平均給料は740万円前後だと言われていますが、技術向上のための勉強会費用などを考えると、一般的なサラリーマンのほうが高給取りの場合もあると言われています。

また、同業者との競争に負けないためにも常に勉強は欠かせず、学生時代よりも歯科医師になった後のほうが大変と話す歯科医師も多くいます。

常に勉強が必要

歯科医師として安定収入を得るためには、治療の腕を磨くことの他に、患者さんの目を惹く技術や自由に料金を設定できる保険診療外の治療を取り入れることが必要となってきます。

そのため近年では、歯列矯正やホワイトニング処理、インプラント手術などに光が当たっています。しかしながら、これらの技術の多くは一朝一夕で勉強できるものではありません。

大学や大学院での勉強の他にも、常に勉強や技術躍進を怠らない努力が必要となります。

評判や印象に左右される

腕のいい歯科医師が開業できるかといえば、そういうわけではありません。一般的には腕がよいと言っても年齢がいった歯科医師よりも40代〜50代の歯医者を好む傾向がありますし、「古くからある=腕が良い」という認識ではありません。

近年はインターネットで歯科医院の評判がすぐに広まるという面がありますので、患者さんの不満や感想が知らぬ間に出回り、医院の評判を落とすということもあります。

そのため、昔よりも患者さんに丁寧に神経を使いながら接さなければならない傾向があるそうです。

仕事体験談