歯科衛生士になるための専門学校・短大・大学

専門学校

歯科衛生士の国家試験を受けるには、まず国が定めた歯科衛生士養成機関で学ぶ必要があります。養成機関の中心となるのが専門学校ですが、その経営母体は学校法人、社団法人、医療法人などさまざまです。

中には歯科系大学附属の専門学校もあります。このような学校はたいてい歴史が古く、過去に多数の歯科衛生士を輩出しているほか、大学歯学部附属の歯科病院で臨床実習が行われているなど、さまざまな特徴があります。

どの学校も3年制の昼間部が主となっていますが、社会人等の受け入れを目的として、夜間部を設置するところも少しずつ増えつつあります。

学費は3年間で250万円〜300万円程度(教材費・諸経費は除外)が相場となっていますが、学校によってだいぶ異なります。その他、カリキュラム、時間割、校内イベント、就職支援体制、国家試験対策サポートなども各学校で異なります。

大学・短大

大学や短期大学で学び、歯科衛生士を目指すこともできます。歯科大学、歯学部附属の大学・短大がありますが、その中心は3年制の短大です。4年制の大学はあまり数が多くありませんが、徳島大学歯学部口腔保健学科や、広島大学歯学部口腔健康科学科などが挙げられます。

進路選択の際、4年制の大学に進むか3年制の専門学校もしくは短大に進むかで迷う人もいるようですが、資格取得に際しての有利不利や就職してからの違いはほとんどないといわれています。

4年制は学校で多くのことを学べる反面、3年制のほうが早く現場に出てたくさんの経験を積めるので良いという意見もあります。各学校のカリキュラムや特色をよく研究して、自分の将来の目標に合う学校を選ぶことをおすすめします。

仕事体験談