司法書士の給与・年収

下積み期間の収入は人並み

司法書士試験は、法曹界では司法試験に次ぐ難関試験と言われ、非常に狭き門です。

司法書士は員数調整として合格者が出過ぎないように厳しく調整されており、希少性が保たれています。

そのように、誰でも合格できる資格ではないからこそ、資格を取得することで高収入を得られることが期待できます。

しかしながら、他の職種と同様に、単に資格を取得しただけでは高収入を得ることは難しく、一人前の司法書士として活躍できるまでの下積み期間は、それほど恵まれた待遇を期待することはできません。

収入アップは仕事の質と量次第

一人前の司法書士として活躍するようになると、人によって収入の格差が大きくなります。多くの顧客を持ってたくさんの仕事をこなしている人はどんどん収入が上がるようになるためです。

司法書士の報酬は平均すると1件あたり数万円のものが多いですが、単価が高い案件を、より多くこなすという質と量によって収入が決まるといってもよいでしょう。

そのためには法律知識に加えて実践的な経験やノウハウを増やしていく必要があるので、努力がそのまま収入に直結しやすい業種です。

働き方によって収入は大きく異なる

司法書士の働き方として、大きく司法書士事務所や弁護士事務所等に勤務する場合と、自分で独立開業する場合があります。

勤務司法書士の場合

勤務する場合は、勤務先の給与体系によって異なりますが、一般的に月収20万から30万円といわれます。

ボーナスについては、事務所で働く場合は、一般企業と異なりボーナスがあまり出ないということも珍しくなく、また出る場合でも1か月分程度ということが多いようです。

そのため、年収としては240万から360万円程度となります。

また、一般的に事務所などに勤務する場合は、年齢とともに収入があがるといった給与体系が確立されていることはほとんどなく、いずれは独立するための修行期間として捉えられるケースが多くなります。

高収入だと思って司法書士になった人にとっては物足りないかも知れませんが、給料をもらいながらプロの司法書士になるための勉強ができると考えれば、とても恵まれた労働環境です。

一方で、自ら顧客を獲得することができたり、事務所の存続に欠かせない人材と認められる場合は、勤務司法書士であっても年収1000万円を超えるというケースもあるようです。

開業司法書士の場合

開業する場合は、全ての経費等を自分で支払うことが必要になるため、収入の割に所得は少ないと感じるケースもあるかもしれません。

また、独立した場合でも、どれだけ仕事をこなすことができるかどうかで収入が変わってくるため、いかに安定的に顧客を獲得、関係を維持するかが重要になります。

そのため、司法書士としての経験、能力の他に、営業活動やビジネスセンス、事務所を運営するための経営ノウハウなどが必要となります。

独立してもなかなか稼げないケースがみられる一方で年収額が数千万円という超高額所得を得るような多くの司法書士を雇って大きな事務所を経営している人もいます。