潜水士の現状と将来性

潜水士が活躍できる場

潜水士というと、一般的には「潜ることが上手な人」というイメージを持たれがちですが、実際には潜りの技術を駆使しながら、プラスアルファの知識やスキルを生かしてさまざまな領域で活躍をしています。

たとえば、その仕事は人命救助だけではありません。

他にも、建設分野における溶接や切断、塗装などの作業、落下物の捜索、沈没船の引き揚げ、海洋調査、ダイビング指導、撮影など、水中で行うべき仕事がたくさんあります。

これらの仕事を的確にこなせる存在として、幅広い業界で潜水士が求められているのです。

陸上とは環境が異なる水中での仕事は誰にでもできることではなく、最低でも潜水士の免許が必要となるほか、作業に応じた専門知識や技能も求められます。

刻々と様子が変わり続ける自然を相手にする大変な仕事ではありますが、「潜水士にしかできないことをやる」という、大きなやりがいを実感できる仕事です。

大きな可能性を秘めている仕事

潜水士の活躍のフィールドは、今後もさらに広がる可能性があります。

また、経験を積むことで仕事の幅を自ら広げていくこともできるのが、潜水士の大きな魅力です。

水中での建設作業に携わるとしても多様な業務があるため、少しずつ技術を身につければ、その分だけやれることが増えていきます。

難易度の高い仕事だからこそ、この道でスキルアップしていくと、それだけ給料や待遇にも跳ね返ってきます。

その後、人によっては独立してフリーの潜水士としてさまざまな仕事を引き受けたり、大学や研究機関と連携して、調査活動の道に進んでいくといったことも可能です。

とにかく、知識と技術さえあれば、必要とされ続ける世界です。

一人前になるまでには長い時間がかかりますが、日々自分を成長させていくことで、見える景色が変わっていく実感を味わえるでしょう。

ひとつひとつ壁を乗り越えていく喜びが、この仕事を長く続けていくためのモチベーションにもなるはずです。