潜水士に向いている人、適性

体力に自信がある人

潜水士の仕事は、とにかく体力勝負です。

水中に潜るということ自体に体力が必要とされますし、溶接や撮影などの水中作業を行うとなればなおさらです。

基本的に、デスクワークではなく外で活動することが多くなるため、身体を動かすことが大好きで、日常的にスポーツをしているなど体力に自信がある人に向いている仕事だといえるでしょう。

なお、体力維持のためには業務中だけではなく日々のトレーニングも欠かせません。

身体を強くしていくことに前向きになれる人であれば、きっとこの仕事にも楽しく取り組めるでしょう。

もちろん、海や水の中にいることを苦にしないということも重要です。

チームワークを大事にできる人

潜水業務では、業務を素早く確実に進めるうえでも、安全性を確保するうえでも、複数の潜水士が一緒に潜ることが多いです。

そのため、仕事を無事に終わらせるためにはチームワークが何よりも重要なポイントになります。

一人で黙々と物事を進める人よりも、仲間と協力して何かに取り組んでいくことが好きな人に向いている仕事だといえるでしょう。

潜水士には、お互いを信頼し合い、仲間と一緒に仕事を成功させようという気持ちが不可欠です。

困っている人がいたら積極的に手を差し伸べたりできるような人も、潜水士の適性があります。

地道な訓練をこなし続けられる人

潜水士として一人前になるまでには長い時間がかかります。

ただ潜水士免許をとるだけなら簡単ですが、いざ現場で安全に潜って確実に作業をこなせるだけの実力をつけるためには、日々訓練と経験を積んでいくことが不可欠です。

ですから、潜水士にはたとえ時間がかかっても、スキルアップのためにコツコツと努力していく姿勢が求められます。

うまくいかないときは落ち込むこともあるかもしれませんが、がんばっていれば確実に前進します。

目標に向かってあきらめることなく訓練を続け、自分自身を高めていこうとするような人は、潜水士に向いているといえるでしょう。