潜水士になるには

潜水士免許を取得する

潜水士は、潜水業務を行う会社や組織に就職して働くことが一般的ですが、そのような場において潜水士としての仕事をするには、「潜水士免許」の取得が必要となります。

潜水士免許試験は筆記試験のみとなっており、実技試験は実施されません。

また、受験資格もないため(免許の交付は18歳以上)、本人であることさえ証明できれば誰でも受験することが可能です。

しっかりと勉強しておけば、合格自体はさほど難しくないといえるでしょう。

なお、この免許は各企業の採用試験時には必要とされないことも多々あります。その場合、入社後に潜水士免許を取得して仕事にあたるといった形になります。

潜水技能がなければ仕事はできない

しかし、たとえ筆記試験をクリアして潜水士免許を取得できても、潜水の技能を身につけなければ実際に仕事としてやっていくのは難しいといえます。

というのも、潜水士はただ潜るだけでなく、潜ったうえで建設作業や船舶の修理、撮影、海底調査など、さまざまな業務をこなさなくてはならないからです。

また、水中という私たちが日常生活を送る陸上とは異なる環境に身をさらすことから、リスクも背負う仕事です。

潜水士として一人前になるまでには、最低でも10年はかかるといわれることもあります。自分の命を守るためにも、まずは潜水に関する正しい技能を身につけておく必要があります。

こうしたことから、ほとんどの民間の潜水会社では免許取得に加え、先輩から教わりながら訓練を続けて潜水技能を高めていくという流れをとっているようです。

潜水士の就職先

潜水士の就職先としては、まず海洋関係会社、建設会社、水産会社、ダイビングショップなどの民間企業が挙げられます。

就職先によって、海洋での建設作業に携わったり、水質調査や海底調査を行ったりと業務内容は異なります。

大学や研究所に所属して、海洋調査にあたる潜水士もいます。

このほか、警察などの公的な団体で働く潜水士もいます。とくに海上自衛隊では相当な人数の潜水士(潜水員)が活躍していることで有名です。

海上保安庁にも潜水士して人命救助などにあたる人たちがいます。

これらの組織で働くには、まず警察なら警察、海上自衛隊なら海上自衛隊の採用試験に合格し、職員として採用されなくてはなりません。

そのうえで、潜水士になるための試験や訓練を受け、選ばれた人だけが潜水士としての活動をすることが許されます。

そのほか、フリーで活動する潜水士もいますが、かなりの技能と経験がなければ独立することは難しいでしょう。

潜水士になるための学校

先に挙げた通り、潜水士の免許自体には受験資格がないため、特別な学校を出ていなくても合格を目指すことは不可能ではありません。

民間企業で活躍する潜水士になるのであれば、入社前に潜水士免許がなくても採用されるケースが多くなっています。

ただし、潜水士として仕事をするうえで役立つ知識・技能を身につけられる学校としては、水産系の高校・大学が挙げられます。

そのほか、各地で行われている講習会を受講したり、民間のスクールでも潜水士を目指すためのカリキュラムを用意しているところがあります。

なお、海上保安官の潜水士を目指す場合には、海上保安大学校や海上保安学校を卒業して海上保安官になることが第一歩となります。