潜水士の勤務時間、休日

勤務時間

潜水士の勤務時間は、勤務先となる企業や組織によって異なります。

海洋土木関連や海洋調査などを行う民間企業に勤める場合、基本的には日勤であることが多いようです。

「8:30〜17:00」など会社ごとに決められた勤務時間で働きますが、場合によってはシフト制をとっているところもあります。

いずれにしても、1日の実働は7時間半〜8時間程度となっています。

ただし、潜水士といってもさまざまな業界で活躍している人がおり、とくに海上保安庁や海上自衛隊の潜水士の場合は生活サイクルがまったく異なってきます。

日によって24時間態勢の勤務や船での当直があったり、さらに海難事故で出動する際には朝も夜も関係なく勤務を命じられることがあります。

もちろん、休みはきちんと確保されていますが、事件や事故が発生すると長時間の勤務になることもあります。

海上保安官の仕事

残業はあまり多くない

潜水士はただやみくもに潜っているわけではなく、事前に定められた計画(潜水深度、潜水時間)に基づいて潜水士、作業を進めていきます。

そのため、予定時間を超えて働くことはあまり多くなく、とくに勤務時間が固定されている会社で働く場合は、それなりに規則正しい生活を送ることができるでしょう。

ただし、業務量が多い時期には早出や残業を求められることもあります。

また、勤務先によっては日帰りや数ヵ月の出張を行い、現地で作業を行うこともあります。

レスキューをする潜水士の場合、事件や事故はいつ発生するかわからないため、どうしても不規則な生活を送ることになりがちといわれています。

休日・休暇

休日の事情も、勤務先によって異なります。

曜日固定での週休2日制をとっているところもあれば、週によって休みの曜日が変わる場合もあります。土曜日は出勤となり、日曜と祝日が休みという企業も比較的多いようです。

休暇としては、夏期休暇や年末年始休暇、有給休暇、特別休暇、育児休業制度などが一般的ですが、職場によって違いがあります。