作業療法士になるための学校(大学、専門学校)

最低3年間学ぶことが必要

作業療法士の国家資格を得るためには国家試験を受ける必要がありますが、その国家試験は誰でも受けられるものではなく、特定の学校に通って「受験資格」を得なくてはなりません。

特定の学校というのは、厚生労働省や文部科学省で認められた作業療法士の養成課程がある大学、短大、専門学校です。

一般的に、短大や専門学校は2年制というイメージがあるかもしれませんが、作業療法士養成校の場合、どの学校に通おうとも「3年以上」学ぶ必要があります。

これは規則で決められており、「作業療法士養成校」と掲げられている学校であれば、必ずこの規則に従っていることになります。

4年制大学では学べることが多い

4年制大学は、4年間という時間のなかで、しっかりと作業療法の基礎を学んでいくことになります。

カリキュラムに比較的余裕があることも多く、選択授業で自分の興味ある科目を多くとっていきやすいです。

作業療法士は、ただ専門知識があればよいというわけではなく、さまざまな患者さんと上手にコミュニケーションを図るために作業療法以外の幅広い知識や社会常識なども重要になります。

その点、大学では一般教養などの科目も選択できるため、多少時間がかかっても、現場に出る前に視野を広げておきたいという人にとっては、4年制大学のほうがよいかもしれません。

なお、大学卒業後は「学士」の学位、つまり「大卒」という学歴を得ることができます。

ただし、現場では作業療法士としての実力や経験のほうが重視されるため、学歴はさほど重視されないことも多いです。

専門学校の特徴は?

大学とよく対比されるのが専門学校ですが、専門学校の場合、「幅広い教養を身につける」というよりも、国家試験の資格取得に特化したカリキュラムが組まれていることが多いです。

つまり、早いうちから就職を意識した勉強を多く行うことになります。

なかには、一般教養などが学べる学校もありますが、大学に比べると、より実践的な科目が多いと感じることになるでしょう。

専門学校でも4年制のところもありますから、それなりに時間をかけて国家試験合格を目指すことができます。

また、大学よりも少人数教育に力を入れている学校が多く、とにかく即戦力となれるスキルを身につけたいと強く考えている人には、専門学校がよいかもしれません。

夜間の学校で学ぶことも可能

社会人が作業療法士を目指す場合、夜間の学校に通う人もいます。

夜間の学校に通う人の大半は、日中に仕事や他の活動をしており、それと両立して勉強を進めていきます。通学だけに集中している人に比べると負担は大きくなりますが、強い目的意識を持ち、きちんと卒業し、国家試験に合格している人はたくさんいます。

作業療法士には視野の広さも求められるため、社会経験で身につけたものは医療や福祉の現場で生かしていくことができます。

卒業までの道のりは険しいかもしれませんが、本当に作業療法士になりたいのであれば、チャレンジする価値は存分にあるといえるでしょう。

仕事体験談