臨床工学技士の給料・年収

一般的な初任給、平均年収

臨床工学技士の初任給は、基本給で17万円〜20万円程度が相場となっているようです。

ある統計によると、平成20年度の初任給の平均は、病院で183,600円、クリニック(診療所)で192,894円となっています。

平均年収は1年目で300万円前後ですが、年齢や経験が積み重なっていくと徐々に少しずつ給料は上がり、臨床工学技士全体での平均年収は450万円〜600万円程度となっているようです。

なお、国公立病院に勤務する場合は公務員となるため、俸給表における医療職の給与区分に準じた給与となります。

手当が付くかどうかでも変わる

職場によっては、臨床工学技士が透析業務に関わる場合、基本給に加えて月に5,000円〜20,000円程度の手当が付くことがあります。

このほか、施設によって資格手当や住宅手当、通勤手当、育児手当、扶養者手当などの各種手当などが加わります。

ボーナスは年間で基本給の3〜4ヵ月分という職場が多いようですが、これより少ないケースもありますし、場合によっては支給されない可能性も考えられます。

なお、血液浄化センターなどでは夜勤が入ることもあります。夜勤をする日は、1回の勤務あたり3,000〜5,000円程度の夜勤手当が付くことが一般的です。

このような手当については職場によってだいぶ内容が異なるため、事前に確認しておいたほうがよいでしょう。

勤務先によって収入には差が出る

臨床工学技士の給料は、勤務先となる病院の規模や地域、また個人の経験や能力によっても大きく異なります。

なかには、年収700万円〜800万円と、一般的な臨床工学技士よりもだいぶ高い年収を得ている人もいるようです。

絶対ではありませんが、透析クリニック勤務の場合は高い収入が得やすいといわれています。ただし、私立の病院は、国公立や市立の病院に比べると、昇給額の幅が小さめであることが多いようです。