臨床検査技師養成学校で勉強すること

臨床検査技師養成学校では多くの科目を学びます。ここでは、主な科目について触れますが学校によって内容に多少の差があります。

医用工学

工学的知識や安全対策について学びます。情報科学および検査機器に関することも学びます。

公衆衛生学

予防医学や公害、感染症、母子保健、成人保健、生活環境、衛生統計等について学びます。保健所での実習を行うことがあります。

臨床検査医学総論

各種疾患の症状、検査法、治療法等について学びます。

臨床検査総論

尿検査をはじめ、髄液検査、便検査等について学びます。医動物学では寄生虫について学びます。

精度管理の方法も学びます。実習は尿検査を主に行います。

病理組織細胞学

標本作製法や染色法、異常細胞の見分け方等を学びます。実習では標本作製から顕微鏡での観察までを行います。

臨床生理学

心電図、呼吸機能検査、脳波検査、筋電図検査、超音波検査をはじめとし、MRI、眼底検査、聴力検査等について学びます。学生同士でお互いを被検者として実習を行います。

臨床化学

化学分析の原理や方法について学ぶとともに、生体内の各種物質の特徴、分析法等についても勉強します。

実習では血液を用いて蛋白質や酵素などを測定します。

臨床血液学

血球の形態、血球数の算定について学びます。

実習では血液標本を作製し、形態を観察したり血球を算定したりします。また、凝固検査の方法も学びます。

臨床微生物学

各種細菌、真菌、ウイルスについて、その特徴や検査法を学びます。また、抗生物質についても学びます。

実習では培地の作製から微生物の培養、染色、種の同定、薬剤感受性検査までを行います。

臨床免疫学

抗原抗体反応、アレルギー、腫瘍マーカー、感染症等の検査について学びます。

輸血移植検査学では血液型やその検査法、輸血前検査等について学びます。実習では血液を用いて各種検査手技を習得します。

その他

採血の方法を学びます。先生の監督のもと、学生同士で採血の練習をすることもあります。実習に使用する血液を学生同士で採血して準備することもあります。

主に臨地実習中ですが、病理解剖の見学をします。初めは気分が悪くなる人もいますが慣れます。

他に、関係法規、医学英語、心理学、倫理学、医療福祉といった講義があります。