パティシエになるには

パティシエになるには

近年、パティシエは男女問わず非常に人気の高い職業となりました。しかし、一体どうしたらパティシエになることができるのでしょうか。ここでは、パティシエになるための方法を紹介していきます。

パティシエになるには

製菓専門学校に通う

パティシエは、専門的な知識やスキルを要する技術職です。さらに、店舗で販売している洋菓子は店主のオリジナル商品ばかりでなく、伝統的なものも多くあります。

さまざまな商品作りに対応できる力を身につけるため、パティシエを目指す人の多くが専門学校に通い、菓子作りの基本から勉強しています。

調理師専門学校や製菓専門学校などで基礎技術を学び、卒業後、洋菓子店やホテルなどに就職するという方法が、パティシエになる一般的な流れとなっています。

専門学校の中には実習に力を入れていたり、就職サポートを積極的に行ってくれる学校などもあります。カリキュラムや校風は学校によって大きく異なることがあるため、自分に合った場所を選ぶことが重要となります。

社会人として働いている人向けの夜間コースを設置する学校もあり、別の仕事からの転職を目指す人や、日中はアルバイトで生活費を稼ぎながら学ぶ人もいます。

海外への留学プログラムを用意している専門学校もあります。自分の学びたいことや進みたい方向性をを明確にして、学校を選ぶとよいでしょう。

店舗で修行を積んでいく

パティシエになるために必須となる資格はないため、必ずしも学校に通わなければパティシエになれないということはありません。

専門店やレストランなどでは未経験者を採用している例も多く、パティシエになる技術を現場で覚えていくという方法もあります。

この場合のメリットは、実践を通して、現場で必要な知識を早く身につけることができるという点です。

未経験者の場合はアルバイトや契約社員からのスタートがほとんどですが、長く勤めていることで正社員になれる可能性もあります。

しかし、学校に通っていない分、勤務先の店舗で学んだことが自らのパティシエとしてのベースとなります。

店の特徴にもよりますが、体系的に技術や知識を身につけにくい面もあるため、仕事の時間以外に自分なりに学ぶ時間をつくることも大事です。

先に学校に通うか、それともいきなり現場に入って修業をするか、どちらの道を選んでもパティシエになることは可能ですが、ひとたび現場に出れば実力主義の世界です。

資格は必要?

パティシエとして働くために取得しなければいけない資格はありませんが、関連資格として「製菓衛生師」と「菓子製造技能士」があります。

取得しておくと一定の技術や知識を持っているという証明になり、就職や待遇面で有利になることがあります。

製菓衛生師の受験資格を得るためには、製菓衛生師養成施設で1年以上学ぶか、2年以上の実務経験を積むことが必要です。
パティシエの資格・製菓衛生師試験

パティシエの現状と今後の見通し

菓子製造業営業施設数

パティシエが働く街のケーキ屋さんなどを含む菓子製造業営業施設は年々増加しています。平成23年度時点では、153,184店舗となっており、10年前に比べて30%以上増加しています。パティシエが活躍する場も増えているといえるでしょう。

菓子(パンを含む)製造業栄養施設数推移_24

現状と今後の見通し

近年は個人で出店する小規模な店や、オーガニックにこだわったパティスリーなど、独創性を生かした店舗の出店が目立っています。一方、パティシエの活躍の場としては規模の大きな部類に入るホテルやレストランでも、「著名パティシエの作るデザート」という触れこみによって、多くのお客さまが来店してくれることは少なくありません。

パティシエとしての確実なスキルを身につけていることはもちろん、今後はより専門性が高く、独創性があるパティシエのさらに需要が高まっていくものと考えられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事体験談