パティシエの就職先・活躍の場

私たちちがパティシエを見かける最も身近な場所は「街のケーキ屋さん」かもしれません。しかし、それ以外にもパティシエはたくさんの場所で活躍しています。

ここでは、パティシエの代表的な活躍の場を紹介します。

洋菓子店、パティスリー

パティシエの中心的な職場となるのが洋菓子店やパティスリー。しかし、一口に「洋菓子店」といっても、その特徴はさまざまです。

地域密着型でアットホームな町のお菓子屋さんから、洗練されたスイーツ店、あるいは大手チェーン店まで、さまざまな形態の店舗でパティシエは働いています。

一人で仕込みから仕上げまでを担当することもあれば、工程ごとに分業していることもあるなど、店の規模やスタッフの数によって求められる役割は異なります。

ホテル、レストラン

洋菓子店と並んで多くのパティシエが活躍しているのがホテルです。一流の高級ホテルからシティホテル、リゾートホテルまでさまざまなホテルがあります。

ホテル内のレストランでお客さまに出すデザートはもちろん、ホテルでウエディングが行われるときにはケーキを作ったり、販売用のホテルオリジナルの洋菓子作りも担当します。

ホテルでは大勢のパティシエと一緒に、分業して働くケースがほとんどです。

レストランでもデザートに力を入れている店では、専任のパティシエが力を発揮しています。

食品・菓子メーカー

お菓子開発をするメーカーが、パティシエの知識を求めるケースも増えています。

洋菓子店やホテル勤務の場合とは少し毛色が異なるポジションですが、商品開発部などに所属し、自社の社員としてマーケティングや企画から携わることができるのが特徴です。

自分の活躍によって大ヒット商品が生まれるかもしれません。

その他

お菓子教室のインストラクターになる人や、カフェなどのプロデュースを行う人、お菓子のレシピ本を執筆する人、お菓子を得意分野とするフードコーディネーターとしてメディアなどに出演する人などもいます。

全体としては、やはり店舗やホテルの厨房でお客さま向けの商品を作る人が多いですが、自分の意志次第で活躍の場はあらゆる方向へ広がっていく仕事です。

仕事体験談