マーケティング担当の1日

マーケティングとは、客や社会について調べ、客の立場に立った意見を社内に伝えて客に喜ばれる企業活動ができるようにする仕事です。

具体的にどんな仕事をするのかは、企業によって違いますが、ここではよく見られるマーケター(マーケティング担当)の一日を見てみましょう。

1日の流れ

9:00 出社

メールを確認し、同じチームに所属するメンバーや自らの今日のスケジュールをあらためて確認します。

10:00 情報収集

業界や競合他社などについてネットや関係者などから情報収集します。

12:00 昼食

他部門の社員と情報交換も兼ねて、いっしょに昼食をとることもあります。

13:00 チーム内打ち合わせ

各チームメンバーの担当案件の進捗状況などを確認、情報を共有します。

14:00 広告代理店と販促物の商談

販促物が扱っている商品のターゲットの特性に合っているか、予算で賄えるかなどをチェックしながら商談を進めます。

15:00 開発部門と新商品の試作品チェック

開発部門からあがってきた試作品が商品のコンセプトに合っているかを確認し、改善点などを提案します。

17:00 情報分析・資料作成

消費者アンケートなどで集めたデータを集計し、結果を分析、資料としてまとめ関係部門に提出します。

19:00 退社

急いで仕上げる資料があるときなどは、残業をして対応をします。

他部門の人と過ごす時間が多い

マーケターは、さまざまな部門と連携して仕事をします。

調査結果を踏まえた新商品のコンセプトを商品開発部門に伝え、コンセプトに沿った新商品を検討してもらったり、ターゲット特性を宣伝部門に報告し、適切な販促キャンペーン案を練ってもらったりなどするのです。

そのため部門の垣根を越えた人付き合いをするようになり、社内人脈が広がったり、多様な視点でものごとをみつめられるようになったりするといいます。

勤務時間外の情報収集も

情報収集はマーケティング職のもっとも基本的な仕事です。

これには、市場調査やアンケートなどのちゃんとした調査だけでなく、日常生活の中での気づきも含まれます。

電車内で耳にした会話、気になったスマホのイヤホン、目にとまった新発売のスイーツなど、いろいろなものに目を向けては、発見したことを書き留める。

日々の気づきが、新しい商品開発のヒントになることもあるからです。

そのため、オフの日や時間でも、常にアンテナを張っている状態にります。情報集めに関しては、仕事とプライベートの境目がはっきりしないようです。