メイクアップアーティストの就職・求人募集状況

多様な業界で求められている職業

メイクアップアーティストは、昔から現代に至るまで、それなりに需要が安定している職業です。

メイクアップアーティストの主な活躍の場となるテレビや映画、雑誌などのメディアはいつの時代も必要とされますし、舞台作品も毎日のようにどこかで公演されています。

ファッションショーやイベント、ブライダルも同様に、時代が移り変わろうともなくなることはありません。

また、近年はインターネットや衛星放送やケーブルテレビなどの多チャンネル化が進み、タレントやモデルの出演の場が増えたことから、ヘアメイクが必要とされる機会も増加傾向にあるといわれます。

ただし、あくまでも「スキルありき」の専門職ですので、確かな知識と技術力のある人材はもちろん、特殊メイクなどに強い人材が重宝される傾向にあるようです。

メイクアップアーティストの求人

メイクアップアーティストの就職先としては、ヘアメイクプロダクション、化粧品メーカー、ブライダルサロン、結婚式場、エステサロン、美容室、写真スタジオなどが挙げられます。

中には「美容部員」や「ビューティーアドバイザー」といった名称で求人募集されていることもあります。雇用形態は正社員のほか、契約社員や業務委託などまちまちです。

働くうえでは雇用形態も気になるところだと思いますが、就職先によって勤務スタイルや現場の雰囲気、仕事内容などが多少異なりますので、自分がどういった進路に進みたいのかを先に考えておくべきでしょう。

なお、ヘアメイクの専門学校・スクールに通っていると、こういった就職先を紹介してくれたり、就職試験のサポートをしてくれることが多いようです。

仕事体験談