メイクアップアーティストの専門学校・スクールで学ぶこと

メイクアップアーティストを目指す人が通う専門学校やスクールは、全国にいくつもあります。

学校によって校風や特色、カリキュラムも異なるものですが、このような学校では、具体的にどういったことが学べるのでしょうか。

理論と実践で成り立つ

一般的に、ヘアメイクの学校の講義は「理論」と「実践」の2本柱で成り立っています。

理論であれば、人間の骨格や皮膚の仕組みと、どのようにメイクアップを施せば美しく見えるのか、といったことを座学で学んでいきます。

そのほか、化粧品の成分に関する薬学的な講義や、メイクアップには欠かせない色彩に関する講義もあります。

実践では、座学で身につけた知識を現場で生かすために、実際にメイクアップをして技術力を高めていきます。

スタジオ撮影用のメイク、舞台用のメイク、和装向けのメイクなど、さまざまなシーンで求められるメイクの技術を磨きます。

なお、映画などで用いられる特殊メイクや、人を癒やすためのセラピーメイクなどの技術を学べる学校もあります。

校内イベントや短期留学制度でスキルアップ

メイクアップアーティストの学校では、校内でのヘアコンテストやヘアメイクショーを開催することも多いです。

身につけてきたスキルを発揮する場を通じて、仲間と刺激を与え合いながらさらに上を目指すことができます。

また、学校によっては在学中に短期留学制度を設けている場合があります。

そこでは、映画の本場であるハリウッドの学校など海外のメイクアップスクールに短期間の留学をし、新しい視点でメイクアップについて勉強します。

同時に、異文化に触れることで感性を育み、一人の表現者としての能力を伸ばすこともできるでしょう。

美容師国家試験合格を目指せる学校も

美容専門学校やヘアメイクの専門学校のなかには、「美容師国家試験」への合格を目指したカリキュラムが組まれているところもあります。

そういった学校では、卒業後の進路として「美容師」という選択肢も踏まえた講義が行われています。

美容師の仕事

実際、サロンなどでは美容師がメイクアップを行うこともあるため、美容師としてもメイクアップアーティストとしても申し分ない活躍ができるだけの基礎が身についていれば、就職先や仕事の幅も広がりますし、大きな強みとなるでしょう。

美容師免許を持っていることで、採用時に優遇してくれるサロンや企業もあります。

ただし、美容師国家試験を目指すとなれば勉強量はさらに多くなりますし、学費等もより多くかかることがあります。

その点にも留意して、進学先を決めるとよいでしょう。

仕事体験談