建築板金工の仕事内容・種類

一番多いのは木造の屋根・外壁

建築板金工の仕事は、建物の屋根や外壁に金属の板を施工していくものです。

その中でももっとも多いのが、住宅などの木造建築物に対しての施工です。

というのは、マンションやビルなどの鉄筋コンクリート造ですと、躯体と防水処理の組み合わせで雨風をしのぐような仕様になってしまいますし、そもそもの需要・供給の絶対量として、木造住宅が圧倒的多数をほこるからです。

木造の建物の屋根や外壁は、当然に下地が木でできているものです。そのため、雨書きの構造体に侵入しないようにさまざまな工夫がなされます。

屋根でいえば金属板を施工する前にアスファルトルーフィングという防水紙を施工しますし、外壁でいえば透湿性の防水シートを貼って胴縁という材木でシートの押えと外壁の下地を兼ねたものを施工します。

これらは大工がやる場合もありますが、建築板金工が行う場合もありますので、窓以外の雨仕舞を一手に引き受けるような職種といえます。

外壁は材料を選ばずにやることも

外壁材は金属製ばかりではなく、窯業系サイディングといってセメントを主原料とするものもあります。

これらは専門の工事業者が施工することもありますが、建築板金工で窯業系サイディングを施工する場合も多いのです。

窯業系はセメントが主原料ということもあって、かなりの重さをほこるうえに、角などをぶつけるとすぐに欠けてしまいますので、かなりの力仕事になります。

工場などの大きな建物をやることも

建築板金工は、ほとんどが木造の住宅や店舗程度の小規模なものの屋根や外壁などの施工になるのですが、工場などの大きな鉄骨造の建物でも施工する場合があります。

工場などの大きな鉄骨造の建物の場合は、折半屋根といって長い材料を施工していきますし、傾斜をあまり必要としないので木造での屋根よりも楽に施工できます。

ちなみに、アルミ製のカーポートなんかも折半屋根を使うことが多いので、建築板金工をやりながらアルミカーポートの施工を請け負っている業者もいます。