建築板金工に向いている人、適性

高いところが平気な人

建築板金工は、建物の屋根や外壁を仕上げていく仕事がほとんどですので、必然的に高いところでの作業が多くなります。

そのため、高いところが平気な人は向いているといえるでしょう。

当然、労働安全衛生法等の各種法令によって、規定の足場や安全帯などの安全設備・装置を付けての施工になりますが、高いところが苦手な人はどんな設備・装置があっても苦手を克服できないようです。

そのため、もとから苦手じゃない方が建築板金工の適性が高いといえます。

ただし、最初は苦手でも慣れていくうちに怖くなくなったという方も現実には多くいますので、よほどの高所恐怖症でない限りは大丈夫でしょう。

こつこつ丁寧な仕事ができる人

建築板金工の仕事は、外観の仕上げ部分に係る仕事で花があるようにも見えますが、一つひとつの材料を切ったり折ったりしながら少しずつ施工していくような地道な作業が続きます。

また、屋根と外壁の交わる部分や、屋根同士・外壁同士が交差するような箇所の納まりは、しっかりと施工しないと雨漏りの元になってしまいますので、丁寧に仕事をする必要があります。

このようなことから、こつこつ丁寧に仕事ができる人は、建築板金工に向いているでしょう。

暑さ・寒さに強く体力がある人

建築板金工はほぼすべて外仕事になりますので、暑さや寒さに強く、体力がないと勤まりません。

とくに、高所での作業で遮るものがないと、夏はかんかん照りの直射日光をまともに受けますし、冬は冷たい風をこれまたまともに受けます。

また、多少の雨や雪でも施工しなければならないときはありますので、悪天候時は本当に大変な仕事なのです。そのため、暑さにも寒さにも強くて、体力がある人が向いているのです。