女性の建築板金工

活躍する女性は少ない

現在、建築板金工として活躍する女性は残念ながら多くありません。

猛暑日でも行われる屋根葺き作業は男性にとってもハードなものであり、材料の荷上げも手作業の場合が多いため、どうしても男女間の体力の差が課題になってきてしまいます。

結果、女性職人の採用によって、生産性が落ちると考える会社が多いのが現状です。

これに伴い、現職の男性職人に女性を受け入れる風潮がない上、トイレや更衣室等の設備も不十分であり、長い目で見た意識・制度の改革が不可欠であると言わざるをえません。

女性の求人は本当にないの?

とはいえ、建築板金工の求人を見てみると女性を拒む記述はどこにもありません。

人手不足が深刻な建築板金の業界では男女問わず働き手が欲しいというのも正直なところなのです。

男女平等が定着して久しい昨今、女性の採用に二の足を踏んだままでは時代から取り残されるということはどこの企業も重々承知です。女性を採用することは会社全体の活性化にもつながります。

ただ、女性を採用するには設備を整えるだけでなく、産休育休などの制度面も考えなければなりません。このような観点で考えると建築板金業界全体はまだまだ発展途上の段階です。

しかし、少しずつではありますが、女性の受け入れに前向きな会社も増えてきています。

大工や左官など女性職人が活躍する他職種の刺激もあるため、今後への期待は膨らみます。

身体面をフォローする女性の実力とは

前述の通り、女性は体力面でどうしても男性に劣ります。数少ない女性板金工も男性職人の足を引っ張らないようにという一心で作業に励んでいます。

しかし、工場での金属加工は女性ならではの手先の器用さが生かせる分野もあるといえるでしょう。

実際、まずは部品の加工や溶接などの工場内作業から女性を受け入れたいとする会社は増えてきています。

加工技術は男女の別なく、個人的なセンスの問題なので女性にも大いに活躍のチャンスがあるのです。

また、職人としてではなく、現場管理部門で女性を活用している会社もあります。

建築板金工を志す女性にとっては実際の作業からは少し離れてしまうため、不本意かもしれませんが、こういった関わり方もできることを心に留めておきましょう。

長く働いてほしいという思い

女性は結婚や出産等のライフスタイルの変化で離職を考えなければならない場合が出てきます。

そのため、採用側としても熟練工になるまでの成長が見込めず先行投資が無駄になるとの考えに至らざるをえないこともあるようです。

また、建築板金の仕事は天候や工期の問題で休日や就業パターンが暦通りではないため、女性にとっても長く働きづらい職種であるともいえます。

このあたりが産休育休制度の整備も含めて業界全体の課題になっています。