競輪選手の足の筋肉

太ももの周囲が70㎝以上の選手もいる

競輪選手の筋肉と聞けば、鍛えられた太ももを思い浮かべる人が多いでしょう。

実際、競輪選手を目の前にすると、多くの人が丸太のような太ももに目がいってしまうはずです。

現在、競輪界で最も太ももが太いとされるのは、1969年生まれながら第一線で活躍する小嶋敬二選手です。周囲が「70㎝」以上あるそうです。

「60㎝」という選手はざらにおり、この丸太のような太ももから爆発力で、選手たちはバンクを疾走しています。

太いことに加え、柔軟性も重要

ところが、太ももは、太ければよいのかといえば、そうではありません。太いことに加え、筋肉に柔軟性があることが重要です。近年、競輪界でも、柔軟性の大切さが常識となっています。

とくに、太もも前側の筋肉(大腿四頭筋)が硬いと、腰痛の原因になるといわれています。

京大医学研究科の研究によれば、腰痛を訴える競輪選手は、太ももの前側の筋肉が酷使され、硬く縮んだ状態だといいます。

太ももの前側の筋肉が硬いと腰痛になりやすい

太ももの前側の筋肉が硬く縮むと、骨盤が前傾して、姿勢が前かがみになりがちです。その状態で、真っ直ぐした姿勢を保とうすると、どうしても腰が反ります。

その結果、腰に負担がかかり、腰痛を発祥しやすいということです。

実際、第一線で長く活躍する選手は、太ももが太くて、かつ柔軟性のある人ばかりです。

太ももの筋肉を柔らかく保とうと思えば、自分でストレッチングをしたり、ゆすったり、さすったりして柔らかくしたり、高周波温熱治療器のような医療機器を利用します。

とくに、筋力トレーニングをすると、太ももの前側の筋肉が硬くなりやすいので、筋力トレーニングの前後には、しっかりケアをして柔らかくしておくことが大切です。

第一線で活躍する選手ほど太ももの裏側の筋肉が発達している

第一線で活躍する選手は、太ももの前側の筋肉より裏側の筋肉の方が発達しています。

太ももの裏側の筋肉をしっかり使ってペダルをこぐ方が、より強力な推進力を生むからです。

自転車の乗り込みをしたり、筋力トレーニングで脚を鍛える時も、太ももの裏側の筋肉が鍛えられるように注意しながらトレーニングする必要があります。