競輪選手の1日のスケジュール・生活スタイル

競輪選手の1日の過ごし方

競輪選手には月に2~3回、レースの運営を担当する「JKA」からレースへの出場を斡旋する通知が直接届きます。

通知に対してレースに参加する意思表明をすれば出場が決まり、身体検査を受けた後は開催初日の前日にレース会場近くの選手宿舎に入ることになります。

その際、八百長やレース情報の外部への漏えいを防ぐために、選手が持っているスマートフォンなどの通信機器はすべて預けます。

レースの開催期間中は家族や親族はもちろん、友人、レースに参加しない競輪選手などとも一切の連絡をとることができません。

宿舎は4人一部屋の相部屋で、出場するレースがないときには部屋でゆっくり休んだり、トレーニングルームで体を温めたりしている選手が多いです。

レース開催日の競輪選手の1日

以下は、出場するレースが14時にある場合の1日のスケジュールです。

7:00起床
選手宿舎で同部屋の3人とともに起床し、食堂で朝食をとります。
8:30 競輪場に移動
レースに備えて車体の整備や練習をします。
11:00 レース開始
レースは17時まで12レース行われ、出場しないときはレースに出場する仲間のサポートをすることもあります。
12:00 昼食
レースの行われていない時間に昼食をとります。
13:00 ウォーミングアップ
自分のレースに備えてウォーミングアップを行います。
14:00 レース
レースに出場し、レース後にはマスコミの取材を受けます。
15:00 仲間のサポート
自分のレースが終わったら、再び仲間のサポートにまわります。
17:00 後片付け
すべてのレースが終了したら、自転車や整備道具などの後片付けをします。
18:00 選手宿舎に戻る
競輪場から選手宿舎に戻り、夕食をとります。
23:00 就寝
ウエイトトレーニングなどをして、就寝します。

レースのない日の競輪選手の1日

以下は、競輪選手のレースのない1日のスケジュールです。

6:30 起床
家族と一緒に起床します。
7:30 家族との時間
週末にレースが開催されることも多いため、レースのない日の午前中は家族との時間を大切にします。
11:00 昼食
早めに昼食をとって、午後のトレーニングに備えます。
12:00 トレーニング
競輪場へ行って練習することもありますが、一般道を走る「乗り込み練習」をすることも多いです。
17:00 帰宅
夕方からは、できるだけ家族サービスをします。
19:00 トレーニング
夕食をとり、ウエイトトレーニングなどの個人練習を行います。
23:00 就寝
コンディションの維持や疲労の回復のために早めに就寝します。

競輪選手の1週間の流れ

競輪選手は「JKA」からのレースへの出場斡旋通知を受けて月に2、3回レースに出場するため、週によってスケジュールは異なります。

1年365日、ほぼ毎日どこかの競輪場でレースが開催されており、レースは基本的に3日間かけて行われます。

決まった曜日に試合が行われるわけではないため、オフの日なども週によって異なり、スケジュールは不規則です。

レースの開催期間中は開催会場の選手宿舎に寝泊まりします。

公営ギャンブルのため八百長などの不正を防ぐために、選手たちは外部との接触や携帯電話による連絡なども一切禁止されています。

競輪選手はレースのない日は自宅にいることが多いですが、自宅から遠い競輪場を渡り歩く場合には、競輪場近くのホテルに宿泊することも少なくありません。

休日の過ごし方

競輪選手は「JKA」からの出場斡旋の通知がなければレースに出場できないため、自宅で待機していることも多いです。

レースがないときの競輪選手は、基本的には体作りのために自主トレーニングを行っています。

トレーニングの仕方は人それぞれですが、レースが開催されていない競輪場でトレーニングを行ったり、スポーツジムで体を鍛えたり、街中や山道を自転車で走って体力づくりをする人もいます。

ランクの高い選手になると斡旋されるレースも多いため、全国各地を転々と移動する人もいます。

また、自分が出場するレースがないときでも、レース中に開催されるファンイベントなどで競輪場に行くこともあります。

オフシーズンの過ごし方

競輪のレースはほぼ365日、全国いずれかの競輪場でレースが行われています。

よって、選手は年末年始なども働くことが多いです。

プロ野球選手サッカー選手などのように1カ月以上のまとまったオフシーズンというものはありません。

しかし、レースは1回の開催が3日間のみで、選手は月に2~3回参加するのが一般的なので、レースに出場するために選手宿舎で拘束される日数は1カ月に6日~9日程度です。

それ以外の日はフリーとなりますから、自分でスケジュールを決められます。

もちろん基本的にはトレーニングをしますが、疲労が溜まっているときには自分の判断で休養をとることも可能です。