競輪選手の賞金・給料・年収・待遇

競輪選手の年収の仕組み

競輪選手の収入は、レースの成績によって与えられる賞金がベースとなります。

レースの賞金額はG1、G2、G3といったレースのグレードによってさまざまで、「予選」「特選」「決勝」といったステージによっても大きく金額は異なります。

また、同じグレードのレースでも、開催する競輪場によって賞金額が違うこともあります。

たとえば、G2クラスのレースであれば優勝賞金は2000万円程度です。

優勝者や上位入賞者しか賞金を獲得できないわけではなく、予選のレースで1着になっても約30万円の賞金が与えられます。

仮に最下位の9着でも十数万円の賞金が出ますから、レースに出れば必ず最低限の賞金を獲得できます。

賞金額が最高のレースは「KEIRINグランプリ」で、優勝賞金はなんと1億円です。

S級ランクの選手から選ばれた9人による一発レースで、優勝すれば1レースで1億円を手にできます。

世界でも最も高い優勝賞金を誇るレースとして、ギネスブックにも認定されています。

KEIRINグランプリの2着以下の賞金は2000万円、1200万円、800万円と続いており、最下位の9着の選手にも500万円が支払われるため、かなりの賞金総額のレースとなっています。

競輪選手はどのレースに出場するかを自分で選ぶことはできません。

競輪レースを運営する財団法人JKAが出場選手を選び、出場依頼を行った上で選手側がOKすれば、そのレースへの出場が決定します。

競輪選手の平均年収・収入

競輪選手の平均年収は男子選手で約1200万円となっていますが、実力の世界だけに成績によって年収にも大きな格差があります。

約2300名いる男子選手は、レースでの成績によって、

・S級S班
・S級1班
・S級2班
・A級1班
・A級2班
・A級3班

の6つにランクに分けられています。

最上位のS級S班の選手は年収が1億円を超え、続いてS級1班の選手で約3000万円、A級1班の選手で約1100万円、新人選手が所属するA級3班の選手で600万〜800万円といわれています。

全体に高額ではありますが、1990年代以降は競輪界全体の売上が減少しているため、賞金額も減少傾向です。

また、「ガールズ競輪」に出場する女子選手の平均年収は約600万円といわれています。

男子選手と比べると約半額ほどですが、女子のプロスポーツの平均年収としてはかなりの高額です。

競輪選手のトップ選手の年収

競輪のトップ選手は、昔から高額の収入を得ていることで知られています。

実際、日本のプロスポーツ界で初めて年収1億円を突破したのは、自転車の世界選手権で10連覇を達成した中野浩一選手でした。

当時はまだプロ野球でも1億円プレーヤーが誕生していなかった時代だったため、中野選手の獲得賞金が1億円を突破したことは大きな話題となりました。

現在も、競輪のトップ選手は高額の賞金を得ています。

2019年の賞金獲得ランキングを見ると、男子選手の上位5名は1億円を突破しており、トップは佐藤慎太郎選手で約1億8873万円となっています。

女子選手では年間の獲得賞金が1億円を超える選手はいませんが、2019年の賞金獲得額では上位15名が1000万円を超えており、トップの児玉碧衣選手の獲得賞金は約2840万円です。

競輪選手の待遇の特徴

競輪選手の収入は、レースの賞金の他にもさまざまな手当などがあります。

競輪選手の手当には、着順に関係なく受け取る約3万円の「参加手当」、雨や雪が降れば支給される「雨敢闘手当」、年末年始に支給される「正月手当」などがあり、競輪場までの交通費も支給されます。

先頭誘導員資格を持つ選手がレースで先頭誘導員(レースのペースをつくる役割)を務めると、その手当も支給されます。

賞金の少ない選手にとっては、貴重なアルバイトのようなものとなっています。

一定期間、競輪選手として勤めていた選手は、引退する際に2000万円の退職金と独自の年金120万円が15年間支払われ続けます。