経営企画の仕事、業務内容

経営計画を立てる

企業の中長期計画、経営計画などの策定とその進捗管理などを行うのが、経営企画の仕事です。

一般に、従業員数100名以上の企業で、経営企画部(室)が置かれているようですが、企業によっては事業企画部と呼ばれていたり、社長室が経営企画の機能を果たしていたりすることもあります。

さらにその業務の範囲も企業の規模、業種などによってかなり幅があります。ここでは主な仕事や業務内容を紹介していきましょう。

経営管理

中長期計画や経営計画などの立案、管理を行います。

たとえば経営計画は、各事業部門の利益計画や予算などをまとめて、企業にとってベストなものになるよう全社的視点で調整し、立案します。

計画スタート後は進捗状況を確認し、適宜数値目標を見直したり、施策を講じたりなどしながら進めていきます。

取締役会など経営会議の運営

取締役など経営陣が集まり、事業や経営について話し合うのが経営会議です。

この重要な会議で必要な資料を準備したり、会議の議事録を作成したりするのも経営企画の仕事です。

会議で状況説明のプレゼンテーションを行ったり、会議そのものの進行役を担当したりなどもします。

適正に業務を進めるための内部統制

各種法令などに則った正しい企業経営を行うために、社内ルールや内部統制手順を策定します。

そして、手順に従った内部統制が実施されるよう、適宜、内部統制状況の調査、関係部署へのアドバイス、指導を行います。

事業企画立案・実行

事業部門ごとの戦略を立案したり、「新規事業立ち上げ」「業務・事業提携」「M&Aの推進」などを行ったりします。

新規事業立ち上げ

新規事業立ち上げの際には、市場調査からテストマーケティング、ブランディング、物流網の構築、関係部署の組織化など多様な業務を手がけます。

業務・事業提携

業務・事業提携においては、さまざまな企業が協力可能な条件を探り出すのが仕事となります。

他社トップレベルとの交渉を担当することも考えられます。

M&Aの推進

M&Aに取り組む場合は、買収対象企業の収益性や買収した際に想定されるリスクなどを総合的に調査し、その企業価値を査定します。

続いて、買収条件の調整などの買収交渉、買収後の組織の統合、新たに加わった商品・サービス・技術・ビジネスを円滑に取り込み、企業経営に貢献させることなど、企業にとってリスクもリターンも大きい仕事に長期間関わります。

そのほか、とくに上場企業の場合は、株主への対応や株主総会の運営、自社への投資を促す活動なども経営企画の仕事になります。

事務作業の時間も多い

経営陣をサポートし、企業をさらなる発展に導く経営企画。経営企画には、さっそうとした企業の花形というイメージがあります。

ところが、意外にも地味な事務仕事が非常に多いそうです。日々、データの集計や会議用資料作成に追われているスタッフも少なくありません。

事務を的確かつ効率的にこなす技を身につけることも、経営企画には必須といえます。