管理栄養士の仕事内容

栄養指導を通じた健康のサポート

管理栄養士は実に幅広く「食」や「栄養」に関わる仕事をしていますが、その役割を簡単にいえば、世の中の人々に対して専門的な知識を活かした栄養指導を行い、みんなが健康に生活できるようにサポートする仕事です。

栄養指導といっても、「○○さんの食事はこの点ががダメだから直しましょう」と言うだけではありません。

病院や老人保健施設等での給食調理、献立の作成、子どもの食育、アスリートの栄養管理、ダイエット相談…ここに挙げられないほどさまざまな業務を通じて、食の大切さや正しい栄養の知識を人々に伝えています。

栄養士との違い

管理栄養士は栄養士の上位にあたる資格で、栄養士より、より高度な知識を求められます。栄養士には認められてなく、管理栄養士にのみ認められている仕事には以下のようなものがあります。

・病気の人の療養のために必要な栄養の指導(主治医の指導を受けることが必要です。)
・個人の身体の状況、栄養状態等に応じた健康の保持促進のための栄養の指導
・ある特定の施設における利用者の身体の状況、栄養状態、利用の状況等に応じた給食管理や栄養改善の指導

また、1回300食または1日750食以上の食事の提供がある病院あるいは介護老人保健施設施設などにおいては、管理栄養士を設置することが義務付けられています。

そうした施設における管理栄養士は、他の栄養士を指導したり教育したりする仕事もあります。

栄養士は調理の現場で働くことも多いですが、管理栄養士はより栄養を「管理する」ということに重点をおいて、専門的な仕事をすることになります。
栄養士の仕事

活躍の場

管理栄養士の活躍の場はさまざまです。ある一定規模以上の施設においては、管理栄養士を置くように決められているため、栄養士よりも大きな施設で働くケースが多くなっています。

ここでは、代表的な職場ごとに分けて、具体的な仕事内容をご紹介します。

<病院>
・直営の管理栄養士:栄養指導、集団指導(糖尿病の方や減塩教室など)、NST(医師や看護士、薬剤師などと一緒に組む栄養管理の専門チーム)など栄養士業務全般。
・委託の管理栄養士:献立作成、発注、調理、配膳など。衛生管理。

※直営勤務でないと栄養指導には従事できません。献立作成や発注などは委託会社との契約により、どちらが担当するか異なります。

<保育園>
乳幼児の食事、おやつ作り。献立作成、調理、発注、食育(園便り作成など)。食物アレルギーの対応、調乳。

<特別養護老人ホーム・老人保健施設など高齢者施設> 献立作成・調理・発注・帳票類の管理。栄養ケアマネジメント。介護予防を行っている施設では介護予防の栄養相談。 <学校給食>
献立作成・発注、調理。栄養教諭の資格保持者は学校で食育活動が行える。学校によって単独校調理場方式と共同調理場方式とがあります。

<行政機関(保健所・保健センター)>
乳幼児健診、健康診断後の栄養相談、栄養調査、食育推進。

<スポーツ関連>
スポーツジム:健康相談、メタボ指導(運動と一緒に取り組む)
スポーツ選手の栄養管理。合宿所での食事管理。調理。

<健康保険組合>
健康保険組合から委託されている企業に登録し、特定保健指導を行う(個別にご自宅訪問や会社訪問)。

<食品メーカー>
食品開発、メニュー開発。

その他の仕事

「管理栄養士」に加え、「フードコーディネーター」の肩書きを持って活動する人もいます。他にもテレビや雑誌などのメディア(料理コーナーなど)に出演したり、本の執筆、食品関連会社での販売や広報業務、また、独立して開業したりフリーで働く管理栄養士も少なくありません。

さらに、今後管理栄養士の活躍が期待されている分野として「NR(Nutritional Representative:栄養情報担当者)」という仕事もあります。

NRになるには独立行政法人国立健康・栄養研究所が実施する認定試験に合格して認定を受ける必要がありますが、ドラッグストアでの説明販売や相談、健康食品の利用について消費者に対してカウンセリングやアドバイスなどができるため、社会的ニーズが高まっています。