管理栄養士の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

管理栄養士を目指すきっかけで多いものは?

最近は「手に職を付けて働きたい」と考える人が増えていますが、管理栄養士の資格も、まさにそれを実現するための手段のひとつといえます。

この資格は一生モノとなるため、年齢を重ねても資格を生かして活躍することができます。

女性が活躍しやすい職業でもあるため、国家資格を取って、長く働きたいと考える女性が目指すことも多いようです。

ただし、いくら資格をとっても、その先どのような風にキャリアを重ねていくかは自分次第です。

最初のきっかけは「食が好き」「調理が好き」という人も多いですが、管理栄養士としてどのように活躍したいのかは深く考えておいたほうがよいでしょう。

管理栄養士の志望動機の考え方

管理栄養士の志望動機を考える際に気を付けたいのは、「どのような領域で活躍していきたいのか?」「管理栄養士として何をしたいのか?」までしっかり考えて、わかりやすく伝えられるようにすることです。

まずは、管理栄養士としてなりたい姿をイメージしてみましょう。

具体的に、どのような人に(たとえば病気の人・高齢者・子どもなど)、管理栄養士としてどのように貢献したいのかまで落とし込んで、言葉にできると説得力が増すでしょう。

なお、管理栄養士の活躍の場はさまざまですが、いつでも相手にするのは「人」です。

食が好きというのは当然のことですが、さらに「人が好きで、人に貢献したい」という強い気持ちを志望動機に含めるのもよいでしょう。

管理栄養士の志望動機の例文

病気の人や健康になりたい人を助けたい(栄養指導など)

私は、病気を回復させるためのお手伝いをしたいという気持ちや、子どもから大人までたくさんの人の健康をサポートしたいという気持ちから、管理栄養士を志しました。

食事内容によって、人の健康状態は変わっていくものです。

私自身、かつて食事内容や栄養に配慮したことでダイエットに成功し、風邪をひきにくくなった実体験があり、食の大切さ・奥深さに気付きました。

私が感じたように、食の大切さや重要性を、一人でも多くの人に伝えていきたいと考えています。

食べること・調理することが好き(給食調理など)

私が管理栄養士を目指したのは、食べることや調理が好きということがきっかけです。

人間が生きていくのに不可欠な食に深く関わり、身につけた知識や技術を生かして、もっと健康になりたいと考える人や、病気をよくしたいと考えている人たちに貢献したいと考えています。

とくに私は調理をすることも大好きなので、就職後は調理技術を磨き、現場で必要とされる存在を目指していきたいと思います。

栄養の専門家として幅広い分野で活躍したい(スポーツ・美容領域など)

私が管理栄養士という職業に興味を持ったのは、大好きな食の分野で手に職をつけ、栄養学の知識を深め、たくさんの人の食事や栄養をサポートしたいと考えているからです。

とくに私はスポーツ(や美容など)の分野で、栄養学の知識を生かしていきたいと考えています。

食と身体は密接に関わっていることはよく知られていますが、何を、どう食べれば効果的なのか、一般の人にはわからない部分がたくさんあるはずです。

そんな人たちに私が適切なアドバイスをすることで、その人の夢や目標達成のサポートをし、私自身も成長し続けたいと思っています。

管理栄養士の面接で聞かれること・注意点

管理栄養士の面接でよく聞かれるのは、「管理栄養士を目指したきっかけ」や、「管理栄養士として何をしたいのか」という点です。

数多くの職場が考えられるなかで、その職場を希望する理由をきちんと答えられることも重要です。

新卒であれば、就職活動の状況(併願状況)や学生時代の得意教科、とくに力を入れてきたことについても聞かれるでしょう。

養成学校在学中は授業や実習・国家試験勉強に追われ、アルバイトやサークル活動など、なかなか勉強以外の活動ができないかもしれません。

それでも、時間を見つけて健康や栄養に関する地域活動や、ボランティアに積極的に参加している人もいます。

そのような経験から学ぶことがあれば、面接の大きなアピールポイントになるでしょう。

さらに、専門知識を問われることもあるようです。たとえば、「○○(食材)の栄養成分を答えてください」や、「特別食を知っているだけ答えてください」といった具合です。

時事問題を聞かれることもありますので、普段から質問を想定して、落ち着いて答えられるように練習しておくことが肝心です。

管理栄養士の自己PRのポイント

管理栄養士の就職試験では、栄養学などの専門知識を備えていることはもちろん大事ですが、それ以上に人間性を判断されるようです。