高齢者施設・老人ホームの管理栄養士の仕事内容、なり方

高齢者施設・老人ホームの管理栄養士になるには

高齢者施設・老人ホームの管理栄養士は、病院と同じように「直営」と「委託」の2種類に分けられます。

直営の場合、各施設に正社員などの形で直接雇用されて働き、委託では委託会社から各施設へ派遣されて勤務することになります。

どちらの場合でも、管理栄養士の国家資格を持っていることは大前提となります。

直営管理栄養士の仕事内容は、献立立案、行事計画・運営、栄養ケアマネジメントなど幅広く対応することが求められます。

一方、委託管理栄養士の仕事内容は病院の場合とよく似ていることが多く、給食業務中心となるでしょう。

高齢者施設・老人ホームの管理栄養士の資格・難易度

高齢者施設・老人ホームの管理栄養士になるうえで、管理栄養士の資格以外に特別な資格は必要とされません。

医療現場で働いていた経験があれば役立つことも多いとされますが、実務未経験の状態で高齢者施設へ就職し、管理栄養士としてステップアップしていく人も多くいます。

高齢者施設・老人ホームの管理栄養士になるための学校の種類

高齢者施設・老人ホームの管理栄養士になるためには、管理栄養士の養成課程のある大学や専門学校で学び、国家試験を受験する必要があります。

管理栄養士になるための学校は全国にいくつもありますが、学校ごとに専門科目や実習先などに多少の違いがあるため、カリキュラムをよく比較して選ぶとよいでしょう。

なお、一部の大手施設では大卒者を優先的に採用することもあるようですが、管理栄養士が就職するにあたって、学歴の差はほとんどないとされています。

高齢者施設・老人ホームの管理栄養士に向いている人

高齢者施設・老人ホームで働く管理栄養士は、献立作成や調理だけではなく、利用者の健康管理を担う栄養ケア業務を専門的に担っていくことになります。

施設を利用するお年寄りと日々接していくことになり、介護職のスタッフとも連携しながら働くことになるため、介護や福祉領域への興味がある人に向いているといえるでしょう。

また、高齢者施設・老人ホームには低栄養状態であったり、思うように食事がとれない利用者もたくさんいます。

このような人たちを食事や栄養面で支えていきたいという気持ちも、高齢者施設・老人ホームの管理栄養士には必要なことだといえます。

高齢者施設・老人ホームの管理栄養士のキャリアプラン・キャリアパス

高齢者施設・老人ホームの管理栄養士にとって最も重要な仕事が、利用者の栄養面を管理する「栄養ケアマネジメント」といわれるものです。

こうした施設では、介護を必要とする人たちが毎日を穏やかに心地よく過ごせるよう、看護師やケアワーカー・ソーシャルワーカーなどとチームを組み、利用者の健康をサポートしていきます。

業務のなかでは高齢者の身体の変化や介護の知識を身につけていくことができ、経験を積めば積むほど、難しい状況にもスムーズに対応できるようになるでしょう。

将来的には、その施設になくてはならない存在を目指す人もいれば、さらなるキャリアアップのために別の職場へ転職していく人、また独立する人などもいます。

高齢者施設・老人ホームの管理栄養士を目指せる年齢は?

高齢者施設・老人ホームの管理栄養士は、20代の若手だけでなく、比較的年齢が高い人も多く活躍しているようです。

こうした施設では管理栄養士の配置が一人だけという場合もあり、ある程度のキャリアや経験がある人が優先的に採用されているケースも目立ちます。

また、高齢者と多く接していったり、多職種のスタッフとも深くコミュニケーションをとる必要があることから、管理栄養士も豊富な人生経験を積んでいることで上手に仕事を進めていける面があるようです。

高齢者施設・老人ホームの管理栄養士は高卒から目指せる?

高齢者施設・老人ホームの管理栄養士になるには、まず高校卒業後に管理栄養士の養成課程がある大学や専門学校などで学び、国家試験への合格を目指さなくてはなりません。

栄養士免許を取得後に実務経験を積んで、管理栄養士の国家試験を受ける方法もありますが、いずれにしても高卒からそのまま管理栄養士になることはできません。

管理栄養士の国家資格取得後に高齢者施設・老人ホームや委託会社の採用試験を受けて、ようやく各施設で働けるようになります。

高齢者施設・老人ホームの管理栄養士は女性でもなれる?

高齢者施設・老人ホームでは、女性の管理栄養士が多くいます。

管理栄養士という職業自体、女性が目指すことが多いとされますが、高齢者施設・老人ホームの管理栄養士はとくに女性の活躍が目立ちます。

もちろん、男性でも高齢者施設・老人ホームで働くことは可能です。

確かな知識を持っていることは前提として、性別問わず、高齢者にやさしく、穏やかに接することができるタイプの人であれば歓迎されるでしょう。