管理栄養士になるには? 栄養士との違いや資格取得の方法を詳しく解説

管理栄養士になるには、国家試験に合格する必要があります。

管理栄養士国家試験は誰でも受けられるものではなく、栄養士としての知識があることが前提です。

この記事では、管理栄養士にを目指す際に知っておきたいことを詳しく解説します。

【この記事でわかること】

  • 管理栄養士になるための国家試験の受験資格を得る方法
  • 管理栄養士と栄養士の違い
  • 管理栄養士国家試験の難易度や合格率

管理栄養士になりたい方は、ぜひ参考にしてください。

管理栄養士とは

管理栄養士とは、厚生労働大臣が管轄する国家資格で、食事や栄養に関するスペシャリストです。

この章では、管理栄養士の概要について栄養士との比較を交えて解説します。

管理栄養士とは国家資格を持つ栄養のプロ

管理栄養士は、病気の人・健康な人、一人一人に合わせた栄養指導を行います。

アスリートの食事指導を専門に行ったり、給食の献立を立てたりと仕事内容は幅広く、自分に合った専門分野を極めていくことも可能です。

管理栄養士になるためには、管理栄養士養成課程を修了するか、栄養士資格を取り実務経験を積み、国家資格を受けて合格する必要があります。

誰でも受験できる資格試験ではなく、受験までのハードルが低くはありません。。

管理栄養士と栄養士の違いは?

管理栄養士は栄養士の上位資格

管理栄養士は国家試験に合格して資格を取得する必要がありますが、栄養士は栄養士養成施設を卒業すれば資格を得られます。

主な違いは下の表のとおりです。

【管理栄養士と栄養士の違い】

管理栄養士 栄養士
資格取得まで 国家試験受験資格を得て試験に合格 専門の学校を修了する
国家試験 必要 不要
管轄 厚生労働省 都道府県
仕事内容 病気の人も対象に含めた専門的な栄養指導 主に健康な人への食生活の指導

栄養士は主に健康な人への食事指導を行います。

一方、管理栄養士は、病気の人やアスリートなど専門の栄養指導を行うことができます。

管理栄養士になるには?資格取得の方法を解説

管理栄養士になるには、栄養士資格を持ち実務経験を積むか、栄養士と同等の知識を持っていることが前提となります。

この章では、管理栄養士になるにはどのようなステップが必要か具体的に解説します。

管理栄養士になるには2つのルートがある

上の図の通り、管理栄養士の国家試験の受験資格を得るにはいくつかのステップが必要になります。

管理栄養士国家試験の受験資格を得るには、大きく分けて2つのルートがあります。

【管理栄養士国家試験の受験資格を得るには】

  • 管理栄養士養成施設を修了する
  • 栄養士養成施設で栄養士資格を取得して既定の期間実務経験を積む

どのような種類の学校で学ぶかによって、その後、管理栄養士になるまでの年数や実務経験の必要の有無などが変わってきます。

最短で管理栄養士国家資格を取得したいのであれば、高校卒業後に4年制の管理栄養士養成課程を修了し、国家試験への一発合格を目指すことになります。

管理栄養士の資格を取得し、病院や高齢者施設、企業などへの就職を目指していくのが一般的なルートです。

管理栄養士になるための学校の種類は2つ

管理栄養士になるための学校には、大きく分けると以下の二つに分けられ、それぞれ管理栄養士になるまでの必要年数やルートが異なります。

【管理栄養士になるための学校】

  • 栄養士養成施設:2年~4年の大学・専門学校。卒業と同時に栄養士資格を取得できる。
  • 管理栄養士養成施設:4年制。卒業すれば栄養士資格と管理栄養士国家試験受験資格を取得できる

栄養士養成施設と管理栄養士養成施設について解説します。

栄養士養成施設とは

栄養士養成施設とは、栄養士免許を取得するための勉強ができる学校のことをいいます。

「4年制大学」「3年制の短大・専門学校」「2年制の短大・専門学校」があり、いずれも卒業と同時に無受験で栄養士免許が取得できます。

ただし、そこから管理栄養士を目指す場合、栄養士免許取得後後に国が定める施設で一定期間の実務経験を経て、管理栄養士国家試験の受験資格を得なくてはなりません。

ここでいう「一定期間」に関しては、「4年制大学の場合は1年以上」「3年制短大・専門学校の場合は2年以上」「2年制短大・専門学校の場合は3年以上」となっています。

管理栄養士養成施設とは

管理栄養士養成施設とは、卒業すれば管理栄養士の国家試験受験資格が得られる学校のことをいいます。

管理栄養士養成学校には「4年制大学」と「4年制専門学校」があります。

そこでは栄養士養成学校と同様、まず卒業と同時に栄養士の免許が得られ、さらに実務経験なしで管理栄養士国家試験の受験が可能となっています。

管理栄養士になるためにはどんな学校に行けばいい?(大学、専門学校)

管理栄養士の資格試験の難易度は?合格率は?

管理栄養士になるためには国家試験に合格することが必要という点について説明してきました。

ここからは、管理栄養士国家試験の難易度や合格率について解説します。

管理栄養士の資格試験の合格率は高め

管理栄養士国家試験の最新の合格率は以下の通りです。(厚生労働省より)

管理栄養士国家試験の合格率(平成30年)

  • 管理栄養士養成課程(新卒):95.8%
  • 管理栄養士養成課程(既卒):20.8%
  • 栄養士養成課程(既卒):19.2%
  • 全体:60.8%

管理栄養士の国家試験は、新卒生の合格率が90%以上であるのに対して、既卒生の合格率は5%~30%程度になることが多く、両者でずいぶんと差が出ていることが特徴です。

この大きな理由としては、新卒者は養成学校でしっかりと国家試験対策講座を受けて受験するのに対し、既卒者は仕事をしながら時間のない中で勉強をし、受験に臨む人が多いことがあるようです。

管理栄養士国家試験は、栄養学に関する専門的な問題が数多く出題されますが、十分な時間をとって対策をしていれば合格できる試験といえるでしょう。

管理栄養士国家試験の難易度・合格率

管理栄養士の資格取得は高卒や社会人から目指せる?

栄養士の資格を持たない人が管理栄養士を高卒や社会人から目指すためには、大学や専門学校で学ぶ必要があります。

管理栄養士になるには学校に通う必要あり

管理栄養士の資格は、高卒の学歴では取得することができません。

高校卒業後に、栄養士養成課程あるいは管理栄養士養成課程のある学校へ進学し、所定の課程を修了する必要があります。

最短で管理栄養士を目指すのであれば、高校卒業後に4年制の管理栄養士養成課程を修了し、国家試験に合格する道を選ぶとよいでしょう。

一旦社会人となって管理栄養士を目指す人のために、社会人向けの入学試験を設けている学校もあります。

独学や通信講座では資格取得は不可

管理栄養士の資格を得るためには、専門の学校に通う必要があります。

したがって、独学や通信講座のみで管理栄養士の資格を取得することはできません。

広告などで「通信講座で管理栄養士の資格が取れる」といったうたい文句は、すでに栄養士資格を持っている人だけが対象となります。
社会人から管理栄養士になるには? 通信講座、独学で資格は取れる?

管理栄養士を目指せる年齢は?

管理栄養士は学校を出たばかりの新卒者だけではなく、働きながら目指していく人もいます。

管理栄養士の活躍の場は多岐にわたるため、募集時の年齢も、職場によってはこだわっていないところもあります。

自分の就業可能な地域で、どのような条件で求人募集が出ているのか調べてみると地域差などもわかるでしょう。

ただし、社会人から管理栄養士になりたい場合も、管理栄養士の資格取得は必須となります。

管理栄養士養成施設のなかには社会人入学の枠が設けられている学校もあるため、探してみるとよいでしょう。

管理栄養士のキャリアプラン・キャリアパス

管理栄養士_画像

管理栄養士になった後にはどのような職場で働き、キャリアを積んでいくのでしょうか。

この章では、管理栄養士の資格取得後のキャリアについて説明します。

管理栄養士の就職先は幅広い

管理栄養士は、基本的には管理栄養士の国家資格を持って、各職場で専門性を発揮しながら働くことになります。

例えば、以下のような職場で働くことが考えられます。

管理栄養士の職場の例

  • エステサロン
  • 学校
  • 市町村役所
  • 児童福祉施設
  • 障害児関連施設
  • 食品メーカー
  • 病院
  • 保育園
  • 保健所
  • 老人福祉施設

さらに、プラスアルファの資格取得を目指すことで、さらなるキャリアアップが期待できます。

たとえば病院など医療分野であれば「病態栄養専門管理栄養士」「糖尿病療養指導士」などの資格、スポーツ分野であれば「公認スポーツ栄養士」「健康運動指導士といった資格があります。

管理栄養士は働く場によって、求められる知識や技術が変わってくるため、長期的にどのような仕事をしていきたいのかをよく考えて、就職先選びを考えることが大事だといえそうです。

また、ある程度の経験を積むと、独立して自分の得意分野を生かした活動をしていく管理栄養士もいます。

管理栄養士は結婚後も働き続けられる女性に人気の職業

管理栄養士は女性に人気がある職業のひとつです。

「手に職をつけたい」「食に関わる仕事がしたい」といった理由から、女性がこの職業を目指していくことも多いようです。

たしかに管理栄養士は国家資格を持って「栄養のプロ」として働けますが、必ずしも給料や待遇に恵まれ、安定した環境で働けるとは限りません。

管理栄養士の勤務先は多岐にわたり、なかには残業時間や休日出勤が多かったり、膨大な仕事量を抱えて激務といえる職場もあるようです。

ただし、正社員以外に派遣社員やパート・アルバイトとしての求人も多く出ています。

また、独立して働くこともできるため、自分のキャリアビジョンやライフスタイルに合う働き方を実現させることも可能です。

女性の管理栄養士のキャリアパス・結婚後の生活

管理栄養士に向いている人の特徴は?

管理栄養士に向いている人は、食や栄養への興味があることはもちろん、栄養指導などを行うことからコミュニケーション能力も必要です。

この章では、管理栄養士の適性について紹介します。

管理栄養士に向いている人の特徴3つ

管理栄養士に向いているのは、以下の3つの特徴を兼ね備えている人です。

【管理栄養士に向いている人】

  • 相手の気持ちを考えられる
  • 自己管理がしっかりできる
  • 人の役に立つことが好き

管理栄養士は、小さな子どもからお年寄りまで幅広い世代の人と接します。

相手の立場に立ったコミュニケーションを取れることが大切です。

また、管理栄養士は自分の食事内容や生活習慣にも気を配り、健康的でなければなりません。

管理栄養士自身が不健康そうだと、相談する人から「この人に任せて大丈夫だろうか」と思われてしまいます。

管理栄養士は文系・理系問わず目指せる

管理栄養士は、栄養素や人体の構造などを取り扱う管理栄養士の資格そのものは理系の要素があります。

しかし、文系からでも管理栄養士を目指すことは決して難しくはありません。

管理栄養士に向いている人・適性・必要なスキル

管理栄養士になるには:まとめ

管理栄養士になるには、専門の学校で学び、国家試験に合格することで資格を得られます。

働く場は多岐にわたり、健康志向の高まりや高齢化に伴って、活躍の場はさらに広がります。

人と接することが好きで、人の役に立ちたいと考える人にとって、管理栄養士はやりがいのある仕事です。

仕事選びの候補として検討してみてはいかがでしょうか。