管理栄養士の仕事内容・役割

管理栄養士の仕事とは

管理栄養士は、食や栄養の専門的な知識をもって栄養指導を行うことで、人々が健康に生きていくためのサポートをする仕事です。

管理栄養士は国家資格であり、その資格を取得して働く人が管理栄養士と呼ばれています。

食は人間が生きていくために不可欠なものであり、また栄養と健康は密接に結びついています。

管理栄養士は、人々が生活するあらゆる場所で働きながら栄養指導や食事に関するさまざまな仕事を手掛け、人々の豊かな生活を栄養面から支えていきます。

また、健康な人だけではなく病気の人にも接し、一人ひとりの体質や健康状態に応じた各種サポートを行うことができます。

管理栄養士の業務の内容

栄養指導の仕事とは?

管理栄養士のおもな仕事内容である「栄養指導」では、以下のような業務を担当します。

・病院や老人保健施設等での献立作成、給食調理
・主治医の指導の下、病気の療養のために必要な栄養指導
・子どもの食育
・アスリートの栄養管理
・ダイエット相談

など。

管理栄養士は子どもから高齢者まで、また健康な人も病気を抱えている人もさまざまな立場の人と関わりながら、その人たちがより健康的に、イキイキと暮らせるよう栄養面からサポートしていきます。

食に関する幅広い仕事に携わる人も

栄養指導の仕事以外にも、テレビの料理コーナーへの出演、料理雑誌のコラム執筆やレシピ監修、食品関連会社での販売や広報業務などに携わる管理栄養士もいます。

フリーランスで働く管理栄養士も増えており、「フードコーディネーター」や「NR(Nutritional Representative:栄養情報担当者)」など、食や栄養に関連する別の資格を併せ持って、幅広い活動を行うケースも目立ちます。

管理栄養士の役割

管理栄養士は栄養学についての専門知識を有し、一人ひとりの健康状態や栄養状態に合った食事のアドバイスをする役割を担います。

食事は生きていくために欠かせないものですが、その人の生活習慣や抱えている病気等によって、どのような食事をとればいいかは異なってきます。

そこで、管理栄養士は相手の健康状態を確認し、健康面の相談に乗りながら食の指導を行ったり献立を考えたりします。

実際に調理を行うこともあれば、人々に正しい食や栄養の知識を身につけてもらうための講演活動や教室を開いたり、子どもに食の楽しみを伝えたりと、栄養学のプロフェショナルとしてさまざまな活動をしていきます。

なお、1回300食または1日750食以上の食事の提供がある病院あるいは介護老人保健施設施設などにおいては、管理栄養士を設置することが義務付けられています。

また、病院で働く管理栄養士は、医師や看護士、薬剤師などと一緒に「NST」という栄養サポートチームを組み、各患者さんの疾患や治療方針に応じて適切な栄養管理を行っていくこともあります。

管理栄養士の勤務先・活躍の場

管理栄養士が活躍できる場は多岐にわたりますが、代表的なものとそれぞれの場でのおもな仕事内容を紹介します。

病院

直営の管理栄養士

栄養指導、集団指導(糖尿病の方や減塩教室など)、NST(医師や看護士、薬剤師などと一緒に組む栄養管理の専門チーム)などでの栄養士業務全般

委託の管理栄養士

献立作成、発注、調理、配膳、衛生管理
※直営勤務でない管理栄養士は栄養指導には従事できません。

保育園

乳幼児の食事、おやつ作り、献立作成、調理、発注、食育(園便り作成など)、食物アレルギーの対応、調乳

高齢者施設(特別養護老人ホーム・老人保健施設など)

献立作成、調理、発注、帳票類の管理、栄養ケアマネジメント、介護予防の栄養相談

学校

献立作成、発注、調理、食育活動(栄養教諭の資格保持者のみ)

行政機関(保健所・保健センター)

乳幼児健診、健康診断後の栄養相談、栄養調査、食育推進。

スポーツ関連

健康相談、メタボ指導、スポーツ選手の栄養管理、合宿所での食事管理、調理

健康保険組合

健康保険組合から委託されている企業に登録しての特定保健指導(自宅訪問や会社訪問)

食品メーカー

食品開発、メニュー開発

管理栄養士の仕事の流れ

管理栄養士は、大きく分けると「企業や施設などに所属して働く人」と、「フリーランスでさまざまな案件に携わりながら活動する人」の2パターンがいます。

前者であれば勤務先の種類や担当業務、後者であればその時々で抱えている案件の内容によっても、仕事の流れは大きく変わってくるといえるでしょう。

企業や施設で働く管理栄養士

病院や高齢者施設、保育園、食品メーカーなどに就職して働く管理栄養士の場合は、勤務先で定められた仕事をしていくことになります。

病院を例に挙げて仕事の流れを紹介します。

病院では入院患者さんに対して365日、3食の提供を行います。

食事時間は「入院時食事療養制度」によって決まっており、朝食は8時、昼食は12時、夕食は18時ごろとなっています。

給食調理を担当する管理栄養士は交代制勤務の形で働き、たとえば朝食と昼食担当の日であれば早朝に出勤し、決められた作業手順に従って調理を進めます。

フルタイム勤務であれば1日に8時間程度の勤務となり、交代の管理栄養士が出勤したら引継ぎを行って仕事を終えます。

フリーランスの管理栄養士

フリーランスの管理栄養士は、人によってじつにさまざまな案件に携わっています。

多くの場合、クライアントから依頼を受けて、仕事を進めていくことになります。

たとえば「健康関連イベントで栄養相談業務を行ってほしい」「〇〇の食材を使ったレシピを考えて雑誌に載せる料理コラムを書いてほしい」といった具合です。

一方、自ら書籍執筆やセミナーでの講演活動、料理教室を開くなどして、新しい仕事をどんどん作っていくような人もいます。

管理栄養士と関連した職業

管理栄養士と栄養士の違い

管理栄養士と似た職業に、栄養士があります。

どちらも栄養や食に関する専門的な知識を持つ人のことを指しますが、管理栄養士は厚生労働大臣の免許を受けた国家資格、栄養士は都道府県知事の免許を受けた資格という違いがあります。

一般的に、管理栄養士は栄養士の上位にあたる資格と位置付けられており、栄養士よりもより高度な知識を求められます。

また、栄養士には認められてなく、管理栄養士にのみ認められている仕事として以下のようなものが挙げられます。

・病気の人の療養のために必要な栄養指導(主治医の指導を受けることが必要)
・個人の身体の状況、栄養状態等に応じた健康の保持促進のための栄養指導
・ある特定の施設における利用者の身体の状況、栄養状態、利用の状況等に応じた給食管理や栄養改善指導

管理栄養士は健康な人ばかりではなく、病気の人や高齢者など幅広い人に向けて栄養指導や給食管理などを行うことができます。

管理栄養士と調理師の違い

管理栄養士と調理師は、どちらも食に関わっていく仕事ですが、具体的な業務内容や役割には明確な違いがあります。

調理師はひとことでいえば「調理のプロフェッショナル」です。

食材の切り方や味付け、そして盛り付けまで、調理全般に関する高度な技術を備えており、その技術を生かして飲食店などで調理業務に従事します。

一方、管理栄養士は「栄養のプロフェッショナル」として、栄養指導や食事に関するアドバイスなどを行う役割を持ち、普通、調理師ほど高度な調理技術は問われません。

学校や病院などで給食を提供する施設に勤務する場合には、管理栄養士が献立を考えたり調理業務を担当したりすることもありますが、まったく調理を行わない職場もあります。