管理栄養士の就職状況・就職先選びのポイント

管理栄養士の就職先にはどんなところがある?

管理栄養士の就職先は、病院・保育園・高齢者施設・学校および企業の食堂といった給食を提供する施設や、食品メーカーなどの一般企業に分類されます。

前者では、給食の献立を考えたり衛生面に携わったりするほか、調理・配膳など幅広く給食業務を担うこともあります。

後者では、商品開発や衛生管理などの仕事に就くほか、研究職として活躍する人もいます。

また、ドラッグストア・スポーツジム・美容クリニックなど、幅広い領域で管理栄養士が活躍しています。

これら以外に、公務員の管理栄養士として、保健所や役所、公立の病院・小中学校などで働くこともできます。

公務員の管理栄養士の多くが地方公務員となり、勤務先によって事務業務全般や栄養調査、栄養指導などの業務に携わります。

また、特定の企業や組織に所属することなく、フリーランスで活動していく管理栄養士もいます。

フリーランスの人は企業などから依頼を受け、食や栄養の講演やセミナーの開催、料理教室講師、食に関する書籍や雑誌コラムの執筆など、幅広い仕事を手掛けていきます。

管理栄養士の就職の状況

管理栄養士は、学校・病院・高齢者施設など、人が生活するさまざまな場で求められている職業です。

子どもから高齢者まで、あらゆる世代の人に栄養に関する指導やアドバイスができることは、管理栄養士の大きな強みであるといえます。

食や栄養は健康とも直結するものですが、最近の特徴として、たとえ病気ではなくても「もっと美しくなりたい」「もっと元気に過ごしたい」など、美容や健康に対して気を遣う人が増えていることです。

美容業界やスポーツ業界など幅広い領域で、人々のニーズに応えられる管理栄養士が求められる機会も増えています。

公務員として、あるいは大きな企業・病院への就職など、待遇がよく、安定性が高い場所への就職は狭き門になりがちですが、多様な知識を身につけて経験を積むことで、独立してより広い活動をしていくことも可能です。

管理栄養士の就職先の選び方

どのような仕事がしたいのかをイメージする

管理栄養士の就職先は多岐にわたり、就職先によって接する人の世代・立場・状況も変わってきます。

そのため、まずは自分がどのような仕事をしたいのかをよく考えて、求人情報を探していくとよいでしょう。

たとえば、保育園や学校では子どもたちが食べる給食の献立作りや衛生管理・調理などに携わりますし、高齢者施設では思うように食事がとれない高齢の方向けの食事を考えたり、調理をしたりします。

もし病気の人のサポートをしたいという思いが強いのであれば、病院へ就職することが最もやりたい仕事に近づけるはずです。

このほか、フィットネスクラブなどで、アスリートなど身体づくりに取り組みたい人のサポートをすることも可能です。

より自由度が高い状況でさまざまな仕事に挑戦したいのであれば、独立し、フリーランスで活動するのが向いているかもしれません。

求人情報をチェックするポイント

病院なら病院といったように同じ種類の施設であっても、施設の規模や体制などによって任される業務は変わってきます。

たとえば、栄養指導をしたいと思っているのに、いざ配属されたら大量調理ばかりだったということもあるようです。

こうしたミスマッチを防ぐために、求人情報では具体的な仕事内容をよく確認し、もし書かれていない場合には問い合わせてみることをおすすめします。

また、管理栄養士の勤務時間や休日は、就職先によってシフト制のこともあれば固定の時間帯での勤務となることもあります。

そうした違いにも注目しながら、求人情報をよく確認してください。

管理栄養士の志望動機・面接

管理栄養士を目指す人の多くが、「食が好きで、食に関わる仕事がしたい」「栄養学の知識を生かして、人々の健康を支えていきたい」といった思いを持っているようです。

食や栄養に強い興味があることは、管理栄養士にとって不可欠な要素といえるでしょう。

そのうえで管理栄養士の志望動機を考える際に気を付けたいのは、「管理栄養士として何をしたいのか?」までしっかり考えておくことです。

働き始めてから、具体的にどのような人に(たとえば病気の人・高齢者・子どもなど)、管理栄養士としてどのように貢献したいのかまで落とし込んで、志望動機をまとめていきましょう。

管理栄養士の面接は、専門知識があるかということ以上に、人間性を確認する場となっているようです。

管理栄養士は、さまざまな人に対して指導やアドバイスをする立場となるため、人柄がよく、誠実で明るい人材が好まれます。

自己PRのときには、面接官の顔をしっかりと見ながら、笑顔でハキハキと答えらえるように意識しましょう。

就職先はどのように探したらいい?

管理栄養士の求人情報を探す方法として代表的なのが、求人サイトを利用することです。

総合的な求人サイトにも管理栄養士の求人情報が掲載されていますが、医療や看護系・専門職系の求人サイトでは、「管理栄養士」という職種で、より詳しい求人情報を検索することができるものがあります。

管理栄養士の活躍の場は日本全国にわたり、たくさんの求人が出ています。

さまざまな地域の求人情報を広く探すのであれば、求人サイトが便利です。

公務員としての就職先を見つけたい場合には、公務員試験情報サイトで試験情報をチェックしたり、各自治体のホームページを確認するとよいでしょう。

また、地域の求人情報を探したい場合には、ハローワークに登録される求人情報を確認するのもよいでしょう。

最も多くの求人情報が掲載されるのは、新年度に向けた1月から3月ごろとなっているようです。

なお、管理栄養士の養成学校に通っている場合には、学校にさまざまな施設や企業からの求人情報が届きます。

なかには一般公開されない求人も存在し、養成学校に通うメリットは、こうした部分にもあるといえます。