スポーツ分野で活躍する管理栄養士の仕事内容、なり方

スポーツ分野で活躍する管理栄養士になるには

スポーツ分野で活躍する管理栄養士は、まず大学や専門学校で管理栄養士の国家資格をとり、卒業後にフィットネスクラブやスポーツジムに就職して働く人が多いようです。

アスリートが必要とする食事や栄養素は一般の人の食事とは異なるため、専門的な勉強をして知識を備える必要があります。

ただし、スポーツ関連施設では、管理栄養士の資格を持っていれば新卒者が就職できるところも多くあります。

就職後に管理栄養士として栄養計算や身体づくりなどに関する経験を積むことで、より専門的な仕事ができるようになるでしょう。

このほか、自ら開業して選手個人やチームと契約を結び、栄養サポート業務に携わる人もいます。

スポーツ分野で活躍する管理栄養士の資格・難易度

スポーツ分野で活躍する管理栄養士には、管理栄養士を取得してから、さらに発展的な資格として「公認スポーツ栄養士」というものがあります。

ただし、この資格は実務未経験者は取得できず、日本スポーツ栄養学会が開催する研修会の受講も必要です。

将来的にスポーツチームのサポートをしていきたい場合には、この資格取得を目指すとよいでしょう。

このほか、業務に関連する資格として「健康運動指導士」があります。

この資格は体育系の大学などで在学中に取得することも可能で、持っているとフィットネスクラブやスポーツジムなどへの就職の際に優遇されることがあります。

スポーツ分野で活躍する管理栄養士になるための学校の種類

スポーツ分野で活躍する管理栄養士になりたい場合、スポーツ栄養学を専門的に学ぶとよいでしょう。

管理栄養士を養成する大学や専門学校のなかにも、スポーツ栄養学を重点的に学べるカリキュラムを置く学校があります。

公認スポーツ栄養士の有資格者である教員がいる学校を選ぶのもよいでしょう。

スポーツ分野での管理栄養士の求人数は決して多くないため、できるだけ早い段階で資格を取得して、専門性をアピールすることが必要になってきます。

在学中に少しでも専門的な勉強をしておくと、それを土台にして働き始めることができるはずです。

スポーツ分野で活躍する管理栄養士に向いている人

スポーツ分野で活躍する管理栄養士に向いているのは、よい身体づくりをし、少しでも良い成績を残したいと考えるアスリートを栄養面から支えたいと思える人です。

かつて自らスポーツをやっていた経験を持つ人が、アスリートをサポートしたいと考えて管理栄養士になるケースも多くあるようです。

この仕事では選手はもちろん、監督やコーチ、チームスタッフなどスポーツに関わる人とコミュニケーションが必要になってくるため、管理栄養士自身もスポーツを理解しようとする気持ちは大事だといえるでしょう。

スポーツ分野で活躍する管理栄養士のキャリアプラン・キャリアパス

スポーツ分野で活躍する管理栄養士のキャリアパスは、さまざまなものが考えられます。

まず、管理栄養士としてスポーツ栄養指導経験を積むことで、「公認スポーツ栄養士」という資格取得を目指していくことができます。

この資格をとってスポーツ栄養の専門家として認められると、より難しい仕事に挑戦できたり、就職・転職の際に有利になったりすることがあります。

なかには独立し、個人でスポーツ選手やチームと契約を結び、栄養面のサポートをしていく人もいます。

確かな実力や信頼があれば、自分の理想通りの働き方を実現させていくことができるでしょう。

スポーツ分野で活躍する管理栄養士を目指せる年齢は?

スポーツ分野で活躍する管理栄養士は、民間のフィットネスクラブや健康増進センター、行政機関、病院など、さまざまな場所に勤務しています。

年齢制限については求人によって異なりますが、この分野については、求人数自体がそこまで多くないのが実情です。

そのため、いきなりスポーツ分野で活動する人ばかりではなく、新卒でまずは病院や高齢者施設などに管理栄養士として就職し、知識を深めて経験を積んでからスポーツ分野への転身を目指す人もいるようです。

また、専門性が求められることから、実務未経験者は長期的なキャリア形成の観点から、年齢は若いに越したことはないようです。

将来的に独立するのであれば、いくつになっても活躍することができるでしょう。

スポーツ分野で活躍する管理栄養士は高卒から目指せる?

管理栄養士の国家資格は、高卒の学歴では取得することができません。

したがってスポーツ分野で活躍していきたい場合にも、高校卒業後に管理栄養士の養成学校へ通って国家試験合格を目指す必要があります。

最短で管理栄養士の国家資格を取得できるのは、高校卒業後にすぐ管理栄養士養成課程のある4年制大学で学び、国家試験への合格を目指すルートとなります。

スポーツ分野で活躍する管理栄養士は女性でもなれる?

管理栄養士は全体として女性の活躍が大きく目立つ職業です。

スポーツ分野に関連する仕事に携わる管理栄養士は男性も女性もおり、性別は関係なく仕事をしていくことができるでしょう。

この分野で働く場合、スポーツに情熱を注ぐ人たちと深く関わっていくことになるため、自らもスポーツが好きであると仕事により前向きに取り組めるかもしれません。

相手の立場や気持ちをよく理解し、より良い身体の状態を保てるようにしっかりとサポートしていくことが重要です。