助産師の仕事内容

仕事内容

助産師とは?

助産婦とは、呼んで字の通り産婦(出産を控えた妊娠中の女性)を助ける仕事です。古くは「産婆さん」と呼ばれ、出産の際に赤ちゃんを取り上げることを生業としていました。

産婆の歴史は古く、明治時代の中頃までは、特別な資格がなくても産婆として活動することができました。しかし、母子保健の安全の確保のため、1899年(明治32年)に産婆規制と名簿登録規則が発布され、一定水準の知識と技術のある者だけに、産婆としての免許が与えられました。

これが現在の「助産師」の原形となるもので、以後、100年以上をかけ、法律の整備、社会のニーズへの対応、地位向上、様々な変遷を経て、産婆から助産婦に、そして2002年の保健師助産師看護師法の適用により「助産師」という名称で呼ばれるようになりました。

看護師、助産師は、男性の資格取得が認められ、多くの男性看護師・保健師が活躍していますが、助産師は、女性のみが取得できる資格です。

助産師の仕事内容

助産師の仕事は、「出産に立会い、赤ちゃんを取り上げること。」という社会的認識が大きいかと思いますが、実際には助産師の仕事はそれだけにとどまりません。

助産師の仕事は、「妊婦、じょく婦(出産を終えたばかりの女性)、新生児の保健指導を行うこと」がその役割とされており、妊婦の健康管理、妊娠中の食事、運動などの生活指導、分娩、そして出産後も、じょく婦の体調管理、母乳指導、乳児指導と、妊娠から出産、育児に至るまでの「人の誕生」に関わる一連の流れを管理、指導します。

また、もう少し広い視野で見ますと、助産師は妊婦だけでなく、産前教育を通じて、全ての女性に「親になること」「妊娠、出産するということ」の知識を普及させたり、家族計画指導を行うことも、社会における助産婦の役割になっています。

産婦人科医には多くの男性医師がいるにも関わらず、助産師はいまだに男性の資格取得が許されていないことが時折論議されていますが、それは、助産師が医師以上に妊産婦の生活に密着し、医学的知識を持った上で女性目線でのアドバイスをくれ、相談にのってくれる存在としての役割が大きいからでしょう。

これは「差別」というよりも、男女の特性を有意義に生かしているのではないでしょうか。

助産師ができること

助産師は、病院に勤務する他に、単独で「助産院」を開院することが許されています。ですから、ある程度経験を積んだ後、独立することも可能です。

しかしながら、日本の法律において、助産師が医師の指示なしに行える行為は、正常な分娩の介助と定められているので、正常分娩が見込めない場合や異常を発見した場合は速やかに医師の指示のもとで安全なお産が行えるための連携が不可欠です。

広い知識と、確かな技術、適切な判断力を持って、人の誕生に関わる助産師の仕事は、責任も大きいですが、喜びとやりがいも大きい仕事です。

活躍の場

大学病院、総合病院の産婦人科や診療所、助産院、地域の保健センターでの勤務となります。

助産師は個人で助産院を開業することが認められており、自然分娩をしたいという女性に人気があります。なお、困難な出産や何か問題がありそうな場合には、助産師だけでは助産ができないため、医師がいる病院を紹介するのも助産師の役割です。

就業場所別の助産師数

就業場所別の助産師の人数は、病院での勤務が最も多く20,784人となっています。次に多いのが診療所の6,663人、助産所の1,742人となっています。
就業所別の助産師数_24

仕事体験談