助産師の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

助産師を目指すきっかけで多いものは?

現役で看護学校や看護大学に入学し、その先に助産師という目標が見えた人も少なくないでしょう。

しかし、お産を扱うという専門性からも、助産師は転職で社会人になってから志す人が多いのも特徴の仕事です。

自身のお産の際に寄り添ってくれた助産師の姿に感銘を受け、自分も同じように妊産婦の不安を取り除けたらと助産師への転職を決める人もいれば、実際に看護師として働きながら、やはり産科で赤ちゃんの誕生に関わりたいとキャリアアップを決める人もいます。

業務の内容としても、決して高給であるからとか、手に職を付けたいからといった理由ではなく、人の役に立ちたい、命の誕生に立ち会いたいといったモチベーションが目指すきっかけになることが多いようです。

助産師の志望動機の考え方

助産師の志望動機としては、「出産分娩において母子に寄り添い、より良いお産への手助けがしたい」「命の誕生に立ち会いたい」といったものが多いです。

医療職という特殊性や産科医師よりもより密接に妊産婦やその家族と関わるといった仕事の内容から、面接ではその志望動機が重要視される傾向にあります。

志の高さや意識の高さ、また助産師には欠かせない思いやりやコミュニケーション力、また何事にも動じないタフな精神力といった素養を面接でしっかりとPRできれば、思い描いた就職先で仕事をすることができるでしょう。

ここでは、助産師の志望動機として、例文を3つほど見てみましょう。

「生命の誕生に立ち会えることが大きな魅力だと感じた」

「もっとも感動的な瞬間だと言われる「出産」に携われることが、助産師を目指した理由です。

ドラマでの出産シーンを見て心を動かされ助産師になることを決心しました。

しっかりと産科の専門家として勉強を積み、チームに貢献し、妊産婦さんの大切な出産という出来事によりそい、役立てるよう研鑽を積んでいきたいと思います。」

「助産師という仕事そのものに憧れた」

「私自身が数年前に出産した際、たくさんの患者さんを相手に忙しそうな医師のそばでいつも笑顔で寄り添いサポートしてくれた助産師さんの仕事に感動しました。

不安な出産の中で、陣痛が始まっても大丈夫大丈夫と励まし、腰をさすり続けてくれた助産師さんの笑顔で何度も勇気をもらい、無事出産することができました。

産後もいつも明るく疑問に答えてもらい、どれほど助産師さんの存在に感謝をしたかしれません。

私も、彼女たちのように出産に臨む妊婦さんたちの力になりたいと強く思い、助産師になることを決意しました。」

「高い専門性にやりがいを感じた」

「漠然と、看護師になりたいと思い看護大学に進みましたが、その中で助産師というより専門性の高い仕事があることを知りました。

医療系資格の中で、医師を除き唯一開業権が認められているということにも、スペシャリストの魅力を感じました。

自身の知識や技術、経験を積んで、妊産婦から頼られる助産師になりたいと志望しました。」

助産師の面接で聞かれること・注意点

助産師の就職試験では、経歴などと同様、面接を重視するところも多く、その面接を通して動機やモチベーション、人柄や適性などをチェックされていると考えて間違いありません。

その背景には、助産師の仕事内容として、コミュニケーション能力や思いやり、共感力など書類では見えない適性を見られることにあるのではないでしょうか。

また、助産師は当然医療職であるため、清潔感があるかどうか、態度が高圧的で親しみが持てない人柄ではないか、任せられると患者が感じるかどうか、など第一印象や面接での受け答えでチェックをしています。

こうしたことも踏まえて、面接では礼儀正しい挨拶や清潔感のある身なりは当然のこと、ハキハキした話し方や笑顔、明るさなど、医療従事者として働く人間として重要であると考えられる基本をとくに心がけましょう。

助産師の自己PRのポイント

直接妊産婦と関わる助産師には、コミュニケーション能力が求められます。

面接では、聞かれたことに対して簡潔にわかりやすく説明する努力を惜しまないようにしましょう。

あらかじめ、聞かれると想定される質問を整理し、答えを検討しておくことも対策として有効です。

配属の希望について

助産師になるときの面接で聞かれることとして、配属のことがあります。

助産師免許を取得して最初に就職する先の選択肢として総合病院を選ぶ人がほとんどでしょう。

そのときに、最初は他の部署を経験させてから、産科への配属となることもあります。

助産師が他科に看護師として配属された場合、産科では経験できないような看護技術を経験でき、緊急時の対応、外科的な処置を学ぶことができます。

そこでの経験は、助産師として働くようになってから必ず役に立つはずです。

もし、産科が選べずに、他科の中で選択をするならば、慢性期の病棟より急性期の病棟やNICU(新生児集中治療室)などを希望すると、よりキャリアとして、産科と結びつきやすいです。

仕事の継続について

また、女性ですので「今後、結婚や出産となった場合仕事を続けますか?」と聞かれる可能性もあります。

そんなときは、迷わず、仕事は続けたいとアピールした方が良い印象を与えられます。

大きい病院は、産休や育児休業制度が整っていることが多いので、実際に出産後も働く人が大勢います。

家庭と両立させながら、仕事を続けていくことは十分可能です。

福利厚生をよく調べてから就職試験を受け、そういった制度を利用しながら仕事を続ける意思を伝えましょう。

人間関係の悩みについて

女性の職場ということで、人間関係に悩むことが想定されます。

そのときにどのような対処能力をもっているかということも試されます。

悩んだときは同期や近い先輩に相談し、一人で悩まないということが仕事を続ける秘訣です。

友人を大切にする、という姿勢を伝え、今までの人生の中でもそのようにして乗り越えてきましたということを伝えましょう。

病院側は、優れた能力の人材が欲しいと思っていますが、それ以上に仕事を続けてくれる人を望んでいます。

簡単には辞めないという強い意志を見せることも大切です。

助産師の履歴書で気をつけるべきことは?

助産師は実務において事務作業に携わることもありますし、パソコンが普及し、メールや電子カルテなどで済む業務も増えていますが、人の目に触れる書類を作る場合も少なくありません。

当然ではありますが、医療従事者として、また社会人として常識レベルの一般常識・マナーは求められると考えて間違いありません。

そのため、履歴書や封筒の表書きなどの基本的な社会人スキル・常識レベルなどに不安があるとその時点で大きな減点だとみなされてしまう可能性があります。

文字を書くときも気を抜かず、読まれることを意識して書くようにしましょう。